ここから本文です

【ファーム】若鷹軍団が4発快勝!西武のドラ2・渡邉はバースデー初登板

9/21(土) 19:00配信

イレブンスポーツ

○ ソフトバンク 8 - 3 広島 ●

ウエスタン・リーグ公式戦
<タマスタ筑後 9月21日>
▼ スコア
広|002 100 000|3
ソ|250 001 00X|8

 前日に優勝が決まったソフトバンクが快勝。チーム合計4本塁打の一発攻勢で広島を下した。

 ソフトバンクは初回に“主砲”オスカー・コラスの11号2ランで先制すると、2回には2番・九鬼隆平、3番・上林誠知が右翼越えへ2者連続ホームランを放ってリードを拡大。九鬼は6回の第4打席にもバックスクリーンへ放り込んでこの試合2本塁打含む、3安打3打点の大活躍。ファームで今季89試合目の出場となった“扇の要”がバットでチームを牽引した。

 序盤に大量リードを奪ったソフトバンクは、先発の大竹耕太郎が3回2失点(自責0)で降板して、細かい継投に突入。6回には右肘痛からの復活を目指す石川柊太が中4日で登板し、1回(10球)1奪三振、無失点の好リリーフ。7回から2イニングを無失点に抑えたドラ2右腕・杉山一樹が今季3勝目(0敗)を掴んだ。

 広島は先発の山口翔が序盤2イニングで3被弾含む9被安打と打ち込まれて7回(115球)、8失点。今季5敗目(6勝)を喫している。

○ 阪神 4 - 1 オリックス ●

ウエスタン・リーグ公式戦
<鳴尾浜 9月21日>
▼ スコア
オ|000 000 010|1
神|000 031 00X|4

 阪神は先発・秋山拓巳が8回1失点の好投で、リーグ単独トップの10勝目を掴んだ。

 秋山は初回を三者凡退で打ち取ると、2回は連打を浴びながら併殺で切り抜け無失点。8回に杉本裕太郎に特大のソロアーチは浴びたものの、丁寧なピッチングで8回(100球)、5安打、無四球と格の違いを見せつけた。

 打線は5回に連打で相手先発・富山凌雅を攻め立て、押し出しと4番・板山祐太郎の適時打で3得点。6回は三塁打で出塁した藤谷洸介がパスボールで4点目のホームを踏んだ。

 3点リードの9回は今春に腰の手術を受けていた伊藤和雄が今季初登板。走者を背負いながらも3奪三振、無失点で締めて、今季初セーブを挙げた。

1/2ページ

最終更新:9/21(土) 19:00
イレブンスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事