ここから本文です

三ツ石山で眺望満喫 山目市民セ成人事業【岩手】

9/21(土) 9:40配信

岩手日日新聞社

 一関市の山目市民センターの成人事業「紅葉の網張 三ツ石山トレッキング」は20日、雫石町と八幡平市にまたがる三ツ石山(1466メートル)で開かれ、参加者25人が色づき始めた稜線の眺望を楽しんだ。

 一関勤労者山岳会の吉家省吾さんが、大松倉橋ゲートを発着点に案内。登山道ではエゾオヤマリンドウの白花やタテヤマリンドウ、ウメバチソウが咲き、マイヅルソウ、タケシマランなどが赤々と実っていた。

 紅葉のピークには一足早かったものの、山頂周辺の木々は赤く染まり始めており、秋の深まりを感じさせた。参加者はかれんな花を撮影したり、岩手山や烏帽子岳など雄大な風景に見入ったりしていた。

 大柏千鶴子さん(61)=一関市赤荻=は「天気に恵まれ、山頂から360度見渡せたので良かった」と満足げ。吉家さんは「三ツ石山が真っ赤に染まるのは来週末だろう。栗駒山もこれから紅葉の見頃を迎えるので、皆さん頑張って登ってほしい」と秋山登山を勧めていた。

最終更新:9/21(土) 9:40
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事