ここから本文です

「ヤドン」のマンホールふた登場 香川県16市町に別デザインで

9/21(土) 0:11配信

山陽新聞デジタル

山陽新聞デジタル

 人気アニメ・ポケットモンスターに登場し、香川県の「うどん県PR団」として活動するポケモン「ヤドン」をデザインしたマンホールふたが20日、高松市内にお目見えした。ポケモンをあしらったマンホールふたは中四国地方で初めてで、30日までに県内16市町に1枚ずつ設置される。

 キャラクター管理会社のポケモン(東京)と香川県のコラボ企画。直径約60センチの「ポケふた」は設置市町ごとに異なるデザインで、高松市は国特別名勝・栗林公園を背景に腹ばいになったヤドンが描かれている。

 同市南新町の商店街で行われたお披露目式には、着ぐるみのヤドンも参加し、ふたとの“ツーショット”にファンや市民が大喜び。北海道千歳市から訪れたパート女性(29)は「大好きなヤドンと関係の深い香川に来てみたら、ポケふたがあって、びっくり。ほのぼのした絵柄がいい」と話した。

 香川県は、うどんとヤドンの響きが似ていることから昨年12月にポケモン社と地域活性化に関する連携・協力協定を締結し、ヤドンをPR団に任命した。県観光振興課は「ヤドンののんびりしたキャラクターは香川にぴったり。各市町を巡って出合いを楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 ふたの設置場所は公式ウェブサイト「ポケふた」で公開されている。

最終更新:9/21(土) 0:11
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事