ここから本文です

【動画】九州や四国でも大雨のおそれ 台風17号 沖縄に最接近 大荒れに(21日7時更新)

9/21(土) 7:38配信

ウェザーマップ

 21日(土)は、台風17号は沖縄地方に最も接近しています。沖縄地方や奄美では、雨風ともに非常に強くなり、大荒れの天気となるでしょう。暴風や高波、高潮に厳重に警戒してください。また、九州や四国でも局地的に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

 大型の台風17号は、午前6現在、強い勢力となって沖縄本島地方の久米島に最も近づいています。今後は北上を続け、22日(日)は九州北部の海上を通過。23日は勢力を保ったまま日本海を北上し、24日は温帯低気圧に変わって北海道に近づく見込みです。

 台風が近づいている沖縄地方や奄美では、雨風ともに非常に強くなって大荒れの天気となっています。海上は猛烈なしけとなるでしょう。暴風やうねりをともなった高波、久米島では高潮にも厳重に警戒してください。

 台風の北上に伴い前線が押し上げられて、東日本でも所々で雨が降るでしょう。夜にかけて九州や四国、紀伊半島の南東側の地域を中心に雨が強まって、九州や四国では激しい雨の降る所もありそうです。

 夜から22日にかけては、台風本体の雨雲が九州にかかってきて、九州北部や中国地方でも雨風ともに強まり、荒れた天気となる見込みです。22日は九州や四国でも暴風や高波に警戒が必要です。また、23日~24日にかけては北日本でも暴風や大雨のおそれがあります。

 一方、北日本は晴れる所が多いでしょう。最高気温は九州では30℃を超える所もありますが、その他の地域では25℃を下回る所が多く、10月中旬~下旬並みの所もありそうです。
(気象予報士・佐藤温子)

最終更新:9/21(土) 7:38
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事