ここから本文です

実は苦労人… 貧乏生活からリッチになったセレブたち

9/21(土) 23:50配信

ELLEgirl

「自力で億万長者になった最年少の人物」としてカイリー・ジェンナーが認定されたけれど、セレブ一家出身のカイリーが果たして”自力”なのかどうかは疑問が残るところ。実はセレブ界には本当に”自力”で貧乏生活から脱出、リッチになった人物がたくさんいる。今回は伸び幅で言ったらカイリー以上の苦労人セレブを大特集!

【写真】数字で検証。若きビリオネア、カイリー・ジェンナーの驚きのゴージャスライフ

レオナルド・ディカプリオ

レオも家計を支えるためにショービズ界に入った1人。住んでいた地域はとても貧しく、レオ曰く「ドラッグの売人や売春婦が常にいるような場所だった」。その後母の再婚相手の息子(つまりレオの義理の兄)がCMに出演してお金を稼いでいたのを知り、自分も同じ道を歩もうと思ったそう。14歳のときにCMに出始め、テレビドラマを経て映画『ギルバート・グレイプ』で一躍若手実力派俳優に。スターへの道を歩き始める。でも今でも貧しかった頃を忘れていないそう。その記憶が「地に足をつけた生活を送る手助けになっている」と語っている。

セレーナ・ゴメス

セレーナのママは16歳で出産、シングルマザーとしてセレーナを育てた。セレーナは子ども時代を振り返り「ガソリンを入れるために25セント硬貨を探し回らないといけないこともあった」。そんな厳しい生活の中、育ててくれた母を尊敬しているというセレーナ。「母はとても強かった。私のために3つの仕事を掛け持ちし、自分の人生を犠牲にして私を育ててくれたのよ」。中学生のときにディズニーチャンネルに出演するようになり、ドラマ「ウェイバリー通りのウィザードたち」などで人気アイドルになったのはご存知の通り。

ジャスティン・ビーバー

セレーナ・ゴメスの元恋人ジャスティンも苦労人。ジャスティンの母パティは17歳でジャスティンを出産、1人で子育てしていた。パティの母ダイアンが応援してくれたけれど、生活は苦しかったそう。ジャスティンは12歳頃から母と一緒にYouTubeに動画をアップ、現マネージャーのスクーター・ブラウンの目に止まってデビューし世界的アイドルに。今では総資産2億ドル(約216億円)だそう。一時期は疎遠になっていたパティとは今では仲直り! ちゃんと親孝行しているもよう。

サラ・ジェシカ・パーカー

ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」で大成功し、今では9,000万ドル(約97.5億円)の資産を持つと言われるサラ・ジェシカ・パーカー。子ども時代は「クリスマスや誕生日もお祝いしたことがなかった」というほどの苦労人。電気代や電話代が払えず、止められてしまったこともあるとか……。子役としてショービズ界に入ったのは家計を支えるためでもあったそう。その後ブロードウェイでデビュー、ミュージカル「アニー」の主役に抜擢されてスターへの道を歩き始める。

(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:9/21(土) 23:50
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事