ここから本文です

前回覇者 ・平野美宇ベスト8敗退も「内容は悪くなかった。これからに向けてもっと頑張りたい」<卓球 アジア選手権>

9/21(土) 10:59配信

テレビ東京スポーツ

連日、熱戦続きの「アジア選手権2019インドネシア」<9月15~22日/ジョグジャカルタ>は20日、大会6日目を終え、女子シングルスでは石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命)が準々決勝に進んだが、石川は劉詩ブンにストレート負け。2017年の前回大会で優勝した平野も丁寧にストレートで敗れベスト8にとどまった。いずれも中国の高い壁にまたしてもメダル獲得を阻まれた。

【動画】可愛すぎる 女子日本代表ユニフォーム撮影「かすみみまみう」!

 ディフェンディングチャンピオンの平野は2年前と同様、準々決勝で丁寧とあたった。平野が「中国人選手の中では一番最初にあたることが多い」という丁寧は今大会、勝ち上がりに手こずり、3回戦では北朝鮮のチャヒョシムにフルゲームで辛勝というあわやの場面もあった。それに対し平野は4回戦で相性の良くない天敵の杜凱キン(香港)をゲームカウント1-3で撃破。波に乗っていただけに勝機はあった。

実際、丁寧との第1ゲームは平野が持ち前の高速両ハンドドライブで丁寧を押した。この第1ゲームは奪われたものの、第2ゲームのゲームポイントを先に握ったのは平野。ところが回転量の多い丁寧のレシーブを3球目攻撃でネットし、そこから逆転を許して大事なゲームを落としてしまった。試合後、平野は「2ゲームを取れなかったのが一番大きい。相手のプレッシャーがなくなり、どんどん調子が上がっていると感じた」と振り返っている。

そして、「内容は悪くなかったし、押してた部分もあったんですけど、最後の1球が取れなかった。すごくいい展開になったのに最後のチャンスボールをミスしてしまったり。そこの差がすごく大きく出たなと思います」と、目標のひとつにしていたベスト4入りを果たせず悔しさをにじませた。

 だがその一方で、快進撃を飛ばした前回のアジア選手権からの約2年半を振り返り、「気持ちが落ちている時の方がすごく多かった。その時のことを思うと、またこうやって戦えていることはすごく良かったと思う」と平野。「でも目指す場所はここじゃない。これからに向けてもっと頑張りたい」と敗戦にも落ち込む様子はなかった。

 平野は石川とのダブルスでベスト4に入りメダルを確定させている。22日の準決勝で陳夢/王曼イク(中国)ペアと対戦し決勝進出を目指す。また女子では芝田沙季/佐藤瞳(ともにミキハウス)ペアもベスト4入り。22日の準決勝では丁寧/朱雨玲(中国)ペアと対戦する。

(文=高樹ミナ)

テレビ東京卓球NEWS

最終更新:9/21(土) 11:01
テレビ東京スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事