ここから本文です

「あぁ、俺、野球をやってるんだ」館山昌平が814日ぶりの一軍マウンドに立って、何を語ったのか

9/21(土) 7:48配信

高校野球ドットコム

 9月13日に引退会見を行った、東京ヤクルトスワローズの館山昌平投手。
 この特集では、館山選手が、これまでの現役人生で語ってきた熱い言葉を紹介していきたい。
 第2回は、館山選手の「マウンド復帰」。814日ぶりに、一軍マウンドに復帰した館山選手がその時、何を語ったのか。

【ギャラリー】館山昌平選手のトレーニング&ランニングショット

814日ぶりの一軍マウンド復帰

 その日、神宮球場はまだ試合開始前だというのに、まるでロースコアの接戦で試合を制した勝利投手を出迎えるかのような賑わいをみせていた。

 2015年6月28日。
球場の選手・関係者入り口の周りに集まった多くのファンに出迎えられながら現れたのは、東京ヤクルトスワローズの館山 昌平。
館山にとって、この日は814日ぶりとなるプロ一軍での登板の日。誰もが、この日をずっと待っていた。館山が、2年ぶりのマウンドに戻る日をずっと、ずっと待っていた。

自分の限界を超えられた瞬間

「一番つらかったのは、2014年のシーズン入ってすぐに靭帯が切れて、診察を受けている時でした。いろいろ検査した結果、やっぱり、手術をする必要があると医師から伝えられた時です。また、あの手術をしなくてはいけないのか、と」

 2013年4月にも、全治1年の右肘の靱帯断裂で、トミー・ジョン手術を受けたばかり。それが、この年もまた靭帯にメスを入れ、さらに長いリハビリ期間が再び訪れると想像しただけで、先が何も見えなくなるほどの苦しさに襲われた。それでも、館山は、その翌日からすぐに気持ちを切り替えた。

「野球が上手くなりたいと純粋に思った結果、ケガをしてしまったんだなと考えるようになりました。打者を抑えるために、もう少しスピードが欲しいとか、もっと変化球が欲しいとか、それを追い求めたことによって、(靭帯が)切れてしまったので、それはもう無理をしたっていう言い方ではなく、自分の限界を超えられたという思いもありました。
ただ、無理をしてケガをしたんじゃなくて、自分が上手くなりたいという気持ちを優先しているので、気持ちが勝った瞬間でもあるんです。素直に自分の体を褒めてあげてあげたいとも思いました」 

 2014年4月に手術を受けた館山は、翌シーズンでの復帰を目指し、リハビリとトレーニングに明け暮れた。

「チームを離れてしまった以上、それがチームに迷惑をかけてしまっていて、そこまでの選手でしかないんですけど、離れてから、次は何をするかを考えることが大事だと思いました。チームに戻ったときに、戦力として見てもらえるようなピッチングができる自分を目指そうと考えました。まずは、そのゴールを明確にしました。復活ではなく、活躍したい。チームに戻ることが目標じゃなくて、チームの一員として戦って勝つことが最大の目標だと。本当に必要なものをしっかり考えて準備できた結果、時間はかかってしまいましたね」

 前向きな言葉でこの一年を振り返る館山だが、一軍のマウンドから遠ざかったプロ野球選手としての空白の2年間。辛くないはずはない。
館山が少しだけ本音を語ってくれた。 

「正直しんどいですよ。だけど、やるしかない。手術をしてしまったら、ケガをする前よりも、一歩ずつ前に進まなきゃいけない。もし、自分一人なら、無理だったなと思います。これが、個人競技なら、2年連続で同じ手術をするのは嫌ですし、タイミングも去年と同じ時期に手術を行っているので、去年よりもちょっとペースが遅いなとか、早いなとか比較できてしまう分、個人競技だったら心が折れるときもあったと思います。それを理由にもう辞めたいと思うこともあるかもしれない。

 ただ、野球はチームプレーなので、一緒にトレーニングする選手もいますし、僕と同じようにリハビリに苦しんでいる選手もいる。もし、手術を何度も経験している年上の僕がそこで諦めてしまえば、同じように諦めてしまう選手も出てくるかもしれないですし、そこは意地でも戻ってやろうと思いましたね」

 館山は復帰に向けた日々のトレーニングの中で、自分のことだけでなく、周囲のチームメイトたちのこともしっかりと考えていたのだ。

「ほんの少しずつでも、日々よくなりたいという思いが僕を支えていました。まだリハビリをしている選手たちが、僕が復帰することによって、『よし!自分も頑張ってやろう!僕も館山さんに続くんだ』と思ってもらえれば、その選手たちの頑張りがもしかしたら2軍選手たちを後押しするかもしれない。リハビリ選手というのは試合にも出られない、いわば3軍みたいなものなので、その3軍の頑張りが2軍選手を押し上げて、2軍選手が1軍選手を押し上げていくという、つながりになっていけばいいなと思っていました」

 今シーズン、リーグ優勝を果たしたヤクルト。復帰後の館山の活躍は大きな注目を集めたが、実はこのリハビリ期間中も、チームにとって館山の存在はとても大きなものだったことがうかがえる。

 その館山が、1年のリハビリ期間を経て、ついに一軍復帰を果たしたのは、2015年6月28日の巨人戦。実に814日ぶりの一軍での登板となった。


「それほど緊張感はなかったのですが、球場に入るときは、なんだか異様な雰囲気でした。ファンの方たちがたくさん出迎えてくださっていて、なんだか引退試合のような雰囲気でしたね」
このとき、5回途中4失点の内容で復帰登板を果たした。マウンドを降り、ベンチに戻って、ゲーム展開を見つめる館山。しばらくすると、館山の目から涙がこぼれ落ちた。

「あぁ、俺、野球をやってるんだ」

 長く苦しかったリハビリの日々を乗り越えて、ようやく、チームメイトと一緒に勝利を目指せる日がやってきた。
館山の涙は、これまで抱いてきたチームの主力投手としての募る思いを物語っていた。



(この記事は、高校野球ドットコム「Dream Catch~館山昌平特集~」で2015年に配信した連載記事です)

安田未由

最終更新:9/21(土) 7:48
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事