ここから本文です

【ラグビーW杯プールB:ニュージーランド23-13南アフリカ】注目の強豪対決。王者ニュージーランドが、貫禄の勝利。

9/21(土) 22:17配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 6万3649人が見守る中、横浜国際競技場で行われたこの一戦。優勝候補同士が予選リーグの初戦で激突する、注目の一戦は、23―13でニュージーランドに軍配が上がった。

 立ち上がりは、近場での肉弾戦を挑む南アがボールを支配し、ニュージーランドが凌ぎきるという堅い展開。しかし、細かいパスで接点をズラすニュージーランドの攻撃が功を奏しはじめ、徐々にニュージーランドが試合を支配し始める。ニュージーランドは、20分のリッチー・モウンガ(SO)のペナルティーゴールを皮切りに、22分にはジョージ・ブリッジ(WTB)、26分にはスコット・バレット(LO)がトライを決め、前半を17-3で折り返す。

 後半、南アはピーターステフ・デュトイ(FL)のトライと、ポラードのドロップゴールで食い下がるが、モウンガが2本のペナルティーゴールを確実に決めてリードを守り、ニュージーランドの貫禄の大会白星スタートとなった。

 この日はFBに入ったニュージーランドのボウデン・バレットだが、再三に渡り、2次以降で攻撃を組み立て、マン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍。モウンガとのダブル司令塔の体制での布陣が、功を奏した形だ。対する南アは、ラインブレークからニュージーランドゴール前に迫る場面も何度かあったが、チャンスをものにすることができなかった。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事