ここから本文です

SNS映えする料理ができる!コストコのオシャレ食材3選

9/21(土) 16:30配信

magacol

大容量でコスパのいい商品が揃う「コストコ」。Mart読者にも愛用者が多く、皆さん上手に利用しています。今回は、「海外の料理番組で見る料理をつくりたいときに向かうのがコストコなんです」というMart読者・有竹さんに、コストコで購入したものとつくったメニューを教えてもらいました。

コストコユーザー:千葉県在住 有竹亜季さん

コストコ歴20年の有竹さんの行きつけは新三郷倉庫店。「海外の料理番組をよく見るのですが、コストコなら必要な食材が揃います。珍しい食材をチェックするのも楽しい!中でも大好きなのがチーズ。日本で手に入りにくいものも豊富です。野菜売り場も必ず立ち寄ります。特にシーズナル商品であるホワイトアスパラガスは、甘みが強くておすすめです」(有竹さん)

見た目も味もテンションの上がる料理はつくっていても楽しい!

ベビービートルート(ビーツ)250g×4袋 ¥998

他のスーパーでは見かけないビーツは鮮やかな赤色が特徴。「茹でて食べるのが基本のビーツですが、これはすでに下茹でされていて使いやすいです」(有竹さん)

大きさにもよりますが、1袋に平均4~5個、計250gの下茹でされたビーツが入っています。

【ビーツを使ったヨーグルトサラダのレシピ】

「ヨーグルトは約1時間水を切ります。コーヒーのペーパーフィルターを使うと簡単です」(有竹さん)

「賽の目切りにすると鮮やかなビーツの色が出やすいです。1cm角にカットしておきます」(有竹さん)

水切りヨーグルトにビーツ、刻みにんにくを混ぜて、塩、オリーブオイルで味つけすれば、ピンクのヨーグルトサラダの出来上がり。

【ビーツを使った冷製スープのレシピ】

「パンを牛乳に浸します。余ったパンなどでOK」(有竹さん)。スープにとろみがつき、コクが出るそう。

下準備をしたら、まとめてブレンダーにかけるだけ。「火を使わなくていいので夏にピッタリです」(有竹さん)

カットしたビーツと玉ねぎ、にんにく、パン、オリーブオイル、塩、レモン汁、はちみつをブレンダーにかけて、鮮やかな冷製スープが完成。

【コストコの野菜コーナー】

スーパーであまり見かけない野菜がコストコにはたくさん。ラズベリーをはじめとしたベリー系が豊富なのもうれしい。

1/2ページ

最終更新:9/21(土) 16:30
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事