ここから本文です

来季からバルサ加入のペドリ ラス・パルマスの歴史塗り替える

9/21(土) 17:04配信

SPORT.es

FCバルセロナのペドロ・ゴンザレス・ロペスことペドリ獲得の決断は早くも正解だった事が示され始めている。

レアルの後任候補に挙がるモウリーニョ「マドリーには戻りたくない」の訳は!?


この16歳の若き選手は今シーズン、ローンという形でUDラス・パルマスでプレーしている。ラ・リーガ・スマートバンク(2部)は開幕して数節を消化し、彼は巨大なインパクトを残している。


ペドリは19日(木)、エスタディオ・グラン・カナリアで行われた第6節のスポルティング戦でゴラッソをマークし、チームはシーズン初勝利を達成した。さらにペドリはこのゴールでクラブ史上最年少で公式戦ゴールを記録した選手となった。


ペドリは16歳でそれを達成し、伝説的なキャプテン、オルランド・スアレスの17歳3ヶ月3日という記録を更新した。彼は11月25日に17歳の誕生日を迎える。


スペインU-17代表の一員としてカタールで親善試合2試合(1ゴールを記録)に出場し、長旅から帰ってきたばかりだったペドリは、今週チームとほとんどトレーニングを行なう間も無く試合を迎えていたが、同リーグのビッグクラブの1つであるスポルティング・ヒホンを相手に自身のタレントを示した。


監督のぺぺ・メルは試合前にこのように話していた。
「我々は彼を招集外にしようとしていたが、彼はそれを望まなかった。彼は全てに飢えている」
メルはぺドリの気持ちを尊重し、彼をメンバーに含めると、その決断は素晴らしい結果をもたらす事となった。


試合後、メルは改めてペドリについて言及した。
「だからテクニカルスタッフは彼に賭けたんだ。多くの人々はその判断がどうかしていると考えていた。我々はプレシーズンに彼のプレーを見た時、スペインサッカー界において重要な存在になると思ったよ。水曜日に彼は帰ってきてトレーニングをこなした。今朝もトレーニングを行い、彼は試合80分に私に大丈夫だと言った。これから彼はプレーステーションをプレーするんじゃないかな」


ペドリは今週金曜日の地元メディアの一面を飾った。
『La Provincia』は「ヒーローは16歳」、『Canarias 7』は「彼は16歳、その名はペドリ」という見出しをつけた。


彼のインパクトはとてつもないものであり、FCバルセロナが行なった500万ユーロ(約6億円)の投資は非常に素晴らしい成果を生み出すべく順調な歩みを見せている。

SPORT

最終更新:9/21(土) 17:04
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事