ここから本文です

福島県CM「桃編」好感度1位 城島茂さん出演、首都圏で全世代支持

9/21(土) 11:32配信

福島民友新聞

 人気グループ「TOKIO」のメンバーが出演する福島県産農産物のCM「ふくしまプライド。」の桃編が、7月から首都圏などで放送されている24作品を対象としたCM好感度調査で1位となった。

 県産農産物の魅力を発信するCMは2012(平成24)年度から45作品が制作されているが、1位獲得は初めて。
 調査はCM総合研究所(東京)が実施、首都圏のモニター視聴者ら150人が作品を評価した。
 桃編は城島茂さんがモモを丸かじりする姿を収め、共感を伝える場面などで使われる本県の方言「んだ・んだ」をリズミカルなBGMとして取り入れた。
 調査では主婦を中心に男女ほぼ全ての世代から支持を得ており、好感の要因として「商品にひかれた」「出演者」などの項目を挙げる回答が大半を占めた。
 松岡昌宏さんが出演した夏野菜編は男性を中心に支持を得て17位に入った。
 県産農産物は一部品目を除き、震災前の水準まで価格が回復していない。県は「消費者が本県産を求めれば、価格に反映させることができる。CM視聴が購買にもつながってほしい」(農産物流通課)としている。

福島民友新聞

最終更新:9/21(土) 11:32
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事