ここから本文です

ペップが後継者に“右腕”のアルテタを指名した理由「彼の助けをたくさん受けている」

9/21(土) 17:05配信

GOAL

 マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は、自身の後継者にアシスタントコーチを務めるミケル・アルテタを指名した。イギリス『スカイスポーツ』が報じている。

 現在、シティとグアルディオラ監督の契約は2021年まで残しているものの、本人はいずれチームを離れるときが来ることを想定しており、仮に退任した場合には、「アルテタはシティの次期監督を引き継ぐことになる」と、後継者として自身の右腕であるアルテタ氏を指名することになると明かしている。

 グアルディオラ監督はアルテタについて「彼は37歳の若い監督だが、ビッグクラブと選手たちを扱う経験を持っている」と能力を高く評価。また「アルテタはスタジアムで何が起こるかを分析し、解決策を見つける特別な才能を持っている。10年以上プレミアリーグでプレーした経験で、相手を倒す解決策もある。彼の助けをたくさん受けているよ」と、絶賛している。

 そんな名将に後任の指名を受けたアルテタ氏は、2015-16シーズンにアーセナルで現役を引退。グアルディオラのシティ監督就任に伴い、2016年夏からシティのアシスタントコーチに入閣した。2017-18シーズンにはアーセン・ヴェンゲル監督の退任に伴い、古巣・アーセナルの次期監督候補に挙がったが、シティにとどまる決断を下していた。

最終更新:9/21(土) 17:05
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事