ここから本文です

“奥川の一番弟子”星稜・荻原の高い総合力 背番号1の重圧楽しみセンバツへ前進

9/21(土) 19:21配信

中日スポーツ

 秋季高校野球石川県大会は21日、金沢市の金沢市民球場などで準々決勝を行い、今夏の甲子園大会で準優勝した星稜が遊学館に10ー1で7回コールド勝ちで、5季連続の甲子園出場へ前進。星稜は今秋のドラフト1位候補・奥川恭伸投手(3年)から背番号1を引き継いだ荻原吟哉投手(2年)が7イニング1失点と好投した。

 「調子はあまりよくなかったけど、要所を締めることができました」。“奥川の一番弟子”の異名に恥じない好投だった。荻原は今夏までのエース・奥川が「頼もしい」と信頼し、甲子園大会では2試合に先発した好投手。背番号1のバトンを渡された後には「自分の投球をすれば負けないから」と励まされていた。

 奥川のような剛球でねじ伏せるタイプではないが、変化球の精度を含めて総合力でも打者を翻弄(ほんろう)。「期待をかけられるけど、そのプレッシャーを楽しむ」。奥川からエースの称号を託された右腕は、ミットを目がけて納得いく球を投げ続けた。

 最初の目標は石川県大会優勝。その先の道のりもしっかり見つめる。「石川で優勝して北信越大会にいかないといけない。何が何でもあと2つ勝ちます」。願いをかなえるため、荻原は全力で右腕を振る。(川越亮太)

最終更新:9/30(月) 0:07
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事