ここから本文です

クロップ「私のドルトムントのよう」…若きチェルシーをブンデスリーガ連覇の古巣に重ねる

9/21(土) 18:31配信

GOAL

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、フランク・ランパード監督率いるチェルシーがドルトムント時代を思い出させると語った。

2008年から2015年にかけてドルトムントを率いたクロップ監督は、若き日の香川真司、マリオ・ゲッツェ、ヌリ・シャヒン、ロベルト・レヴァンドフスキらを擁して、ブンデスリーガ連覇やDFBポカール制覇を達成。そして、今、同様にタム・エイブラハムやメイソン・マウント、フィカヨ・トモリら若手が躍動するランパード監督のチームに感銘を受けているようだ。

22日に行われる敵地スタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦を前に、クロップ監督は「本当にエキサイティングなチームだ。ドルトムントでの私のチームを少しばかり思い出させてくれる。あのチームは本当に若く、たぶん今のチェルシーよりも若かったと思う」と話し、ドイツ時代に積極的に若手を起用した理由について説明した。

「いつも彼らの年齢面ばかり注目されていたが、彼らがプレーしていたのは、良い選手だからという理由だけだ。若いことを理由にプレーさせていたわけではない」

また、クロップ監督はチェルシーの層の厚さにも言及し、敵地で勝ち点3を奪うことは簡単ではないと考えているようだ。

「夏にクリスチャン・プリシッチを5000万から6000万ポンド程度で連れてきたが、今のチェルシーの選手たちはみんな同等の価値があると思う。タム・エイブラハムは6000万ポンドの選手になり、メイソン・マウントも間違いなく6000万ポンドの選手だ。カラム・ハドソン=オドイもすでに高値がついている」

「それに、ジョルジーニョ、(ヌゴロ)カンテ、マテオ・コヴァチッチ、ロス・バークリーがいて、経験のあるペドロ、ウィリアン、オリヴィエ・ジルー、ベンチにはミヒー・バチュアイがいる。移籍禁止処分を受けても、大打撃を受けないクラブが1つだけあるとすれば、それはチェルシーだ」

今シーズン開幕からリーグ唯一の5連勝とするリヴァプール相手に若きチェルシーがどのような戦いを見せるか注目が集まる。

最終更新:9/21(土) 18:31
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事