ここから本文です

果実など農作物の落下に警戒 「りんご台風」と類似進路の台風17号

9/21(土) 8:36配信

ウェザーニュース

 大型で強い勢力の台風17号は、明日22日(日)に九州に近づいたあと日本海へ抜け、北海道付近へ進む予想です。

 この進路は、1991年の台風19号、いわゆる「りんご台風」の進路に類似しており、今回もりんご等の農作物の落下が懸念されています。

 台風の影響等に違いがあるため全く同じことが起こるとは断定できませんが、このコースを進んだ場合は九州や中国地方だけでなく、東北や北海道の農業地帯でも強い風が吹くおそれがあるといえます。

 北日本では、明日22日(日)までに農作物の強風対策を講じるべきと言えそうです。

りんご名産地むつ市周辺は要警戒

 冒頭の図は、予想される最大瞬間風速から推定した、りんごなど果実が木々から落下する可能性を示しています。

【西日本】
 22日(日)に九州方面から風が強まり、各地で強い風が吹き荒れます。特に風が強まりやすいエリアは、台風のコースに近い九州の長崎方面、南風が吹き抜けやすい豊後水道や紀伊水道周辺の沿岸部、山越えの風が吹き降りる山陰地方などです。
対策は、21日(土)までに行なってください。

【東日本】
 23日(月)に、各地で強い風が吹き荒れます。特に風が強まりやすいエリアは、南西風が吹き抜けやすい三浦半島周辺や、山越えの風が吹き降りる日本海側などです。対策は、22日(日)までに行なってください。

【北日本】
 23日(月)午後から24日(火)午前に、各地で強い風が吹き荒れます。特に風が強まりやすいエリアは西よりの風が吹き抜ける津軽海峡周辺の沿岸部です。対策は、22日(日)までに行なってください。

 また、マップに色が塗られていない地域でも、谷沿い、山沿いの地域など、地形効果で風が吹き抜けて、局地的に暴風が吹いて、果実が落下する可能性があります。このため、念の為、対策をしておいた方が安心です。

■凡例
黄色:可能性ありレベル
   (最大瞬間風速25m/s以上)
   果実が落下する可能性があります。念の為、対策をしておくと安心です。
赤色:注意レベル
   (最大瞬間風速30m/s以上)
   果実が落下するほどの暴風が吹く可能性が十分あり、対策をおすすめします。
紫色:警戒レベル
   (最大瞬間風速35m/s以上)
   台風が予想通りのコースを通過すると、果実が落下するほどの暴風が吹く可能性が高くなります。万全の対策をおすすめします。

1/2ページ

最終更新:9/21(土) 10:05
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事