ここから本文です

22日(日)の天気 台風17号接近 九州を中心に広く風雨注意

9/21(土) 17:01配信

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■
・台風接近で西日本は風雨強まる
・関東や東海、東北は外出時に傘が必要
・北日本は早めの台風対策を

 明日22日(日)は台風17号が東シナ海を北上し、九州に近づきます。

 九州を中心とした西日本で風雨の強まる所がありそうです。

 東海から関東、東北も傘の出番。北海道は秋晴れが続きます。

台風接近で西日本は風雨強まる

 明日22日(日)は、台風17号が東シナ海を北上し、九州に近づきます。各地で風雨が強まりそうです。

 特に台風の進路に近い九州北部は夕方から夜にかけて強い雨、風に対して警戒をしてください。

 台風に向かって南から湿った空気が流れ込む影響で、九州南部や四国、紀伊半島も局地的な激しい雨のおそれがあります。

 道路冠水や河川の増水、土砂災害に警戒が必要です。

関東や東海、東北は外出時に傘が必要

 明日は東日本を中心に、南から流れ込む湿った空気や前線の影響で雲に覆われ、雨の降りやすい一日になります。

 おでかけには最低限、折りたたみの傘が必須です。

 関東や東海は今日21日(土)に比べると少し気温が高く、ムシムシと感じられます。

北日本は早めの台風対策を

 北日本は、高気圧に覆われて、昼間は日差しの届く所が多くなります。

 朝の冷え込みは弱く、昼間は今日21日(土)と同様に爽やかな陽気です。

 23日(月)は台風17号から変わった低気圧が近づくため風雨が強まります。

 早めに荒天に対する備えを行っておくと良さそうです。

ウェザーニュース

最終更新:9/21(土) 17:01
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事