ここから本文です

「損する人」の行動パターン:お金に関する勘違いや選択ミスとは?

9/21(土) 20:45配信

LIMO

人は、つい勘違いしたり選択ミスをしてしまうもの。あとから「なんであんなことしたんだろう」と思うこともありますよね。それが特にお金のことになると、その勘違いや選択ミスは大きな失敗につながる可能性もあります。そこで今回は、人間行動学から見た”ありがち”な勘違いや選択ミスの原因について紹介します。

人はトクした分より損した分のほうが大きく感じるもの

人間の脳とはなんとも悲しいもので、トクした分よりも損した分のほうが大きく感じるのです。たとえば、「5000円の利益」を得るよりも、「5000円の損」をするほうがずっとダメージが大きいのではないでしょうか。5000円の利益を得たことはすぐに忘れてしまいがち。しかし、損をしたことは心に残るのです。

この感覚が、お金に関する判断を鈍らせてしまうんですよね。損を嫌うあまり、正しい判断ができなくなる可能性があるのです。投資に対して多くの人が拒絶反応を示すのも、この感覚が一つの理由ではないでしょうか。

投資をすれば50%負けて損をし、50%トクして利益を得る可能性があるというわけではありません。きちんと自分で勉強して投資先を考えれば、その割合を変えることができます。それなのに、損をしないためにその機会を避けるというのは正しい判断なのでしょうか。

損をしたくないという気持ちが前面に出すぎると、かえって損をするパターンもありえます。ですから、損をしたくないという気持ちが自分の中にあることを自覚しておきましょう。損したくないという気持ちにはどうしても勝てないものですが、自分の中にそういう気持ちがあるのだと自覚するだけでも心構えが変わってくるでしょう。

「違う意見を無視するクセ」が誤判断の元となる

人間はまた、自分の考えとは異なる事実を無視してしまう傾向にあります。日常的に、どうしても様々なバイアスによって間違った判断をしてしまうものですが、それはお金に関することでも同じことです。

たとえば、自分が「A商品はダメだ」と思っていたら、どんなにA商品がいいものでも、それに関する情報は無視してしまいがち。さらに人は何かを判断するとき、自分の経験や先入観に左右されて論理的な判断ができないことも少なくありません。

このように、自分の経験や先入観に左右された思い込み以外のことは無視してしまいがちとなると、自分が経験したことがないことからはどんどん遠ざかってしまうことになります。しかし、当然ながら自分の経験したものが世の中のすべてではありません。

自分の経験や先入観に縛られたままだと、新しいことにチャレンジするという判断ができなくなってしまいます。また、自分が損をした経験の影響で「損をする人」の思考回路になっていたとしたら、一生その「損をする人」の体質から抜け出せなくなってしまうのではないでしょうか。過去の経験から学ぶのも大事なことではありますが、それだけに判断をゆだねないようにすることも大切です。

1/2ページ

最終更新:9/21(土) 20:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事