ここから本文です

3300円のモノも?変わり種モンブランが続々登場

9/21(土) 17:00配信

Lmaga.jp

秋の味覚・栗をふんだんに使ったスイーツ「モンブラン」。カフェやホテル、コンビニから続々と発売されている秋のスイーツの代表格から、注目のものをピックアップしました。

【写真】スシローカフェ部による「店内しぼりの渋皮モンブラン」

「ローソン」からは、渦巻き状のマロンクリームの下にスポンジではなく大福を忍ばせた「モンブラン大福(粒あん)」(270円)が9月17日に登場。たっぷり入った粒あんと、もちっとした求肥によって、既存のモンブランにはない食感を楽しませてくれる。

既存のスイーツ同士を組み合わせた提案も。カフェ「タリーズコーヒー」では、9月13日より「モンブランプディングタルト」(490円)を発売。表面を覆うマロンクリームと甘いプリン風味のクリームは一見、過剰な足し算にも思えるが、カラメルソースの強い苦みが栗の甘みのアクセントになっている。

贅沢な素材遣いによって栗の風味を引き出すのは、「ホテルニューオータニ大阪」(大阪市中央区)内のパティスリー「SATSUKI」。9月1日から販売をスタートさせた「スーパーモンブラン」は1個3300円とリッチな一品。9月は甘く希少な「利平栗」を使用予定で、豆乳葛や塩を合わせることで栗の甘みを引き立てる。

また、本格派スイーツでも知られる「スシローカフェ部」は、「店内しぼりの渋皮モンブラン」を9月20日から発売。その名の通り、渋皮栗を使った風味豊かなマロンクリームを、オーダーが入ってから手絞りすることで、柔らかな食感を実現したという。各社とも、栗の味わいを最大限に引き出すべく、趣向を凝らしている。

最終更新:9/21(土) 17:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事