ここから本文です

ゆでたまごがキン肉マン40年を回顧、漫画家デビューは「大阪で誓い合った」

9/21(土) 22:00配信

Lmaga.jp

『キン肉マン 友情の40周年展』が開催されている百貨店「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野区)で、原作者・ゆでたまごによる会見とトークショーがおこなわれ、150人のファンの前で思い出を語った。

『キン肉マン』連載40年を振りかえり、「相棒がいなければできなかった」と語った作画担当・中井義則氏。「昔から彼は漫画のことに詳しくて、色んなことを教わりました。映画の楽しみ方やその作り方も。本当に感謝しかありませんね」とコメント。原作担当・嶋田 隆司氏も「2人だからできたと思う。作品以外でも、担当の悪口とか言って楽しんで(笑)」と答えて、会場を和ませた。

さらに、40年以上前に開催されたという『近鉄漫画賞』について感慨深そうに振りかえる2人。中井氏は「あのときにプロ漫画家の原稿を目にして。感じた技術や熱い思いが、40年やれる原動力になっているのかな。君も水島新司先生(『ドカベン』)のサイン会に一番に並んでたもんね」と話し、嶋田氏も「俺たち絶対プロになるんや、って大阪の田舎で2人で誓いあって。あのときの『近鉄漫画賞』のように展示ができるようになったのは、本当にうれしいことです」と喜びをにじませた。

「出会って50年。打算じゃなく、小学校から友だちとして付き合っていたのも良かったと思う」と話した嶋田氏は、「辛いことは半分になるし、楽しいことは2倍になる」と登場キャラ・ブロッケンJr.の言葉を引用。「これからもできる限り漫画をやり続けるので、応援をお願いします」との結びに、会場のファンから温かい拍手が湧き上がった。

同展は今月18日より開催中。ゆでたまご先生の歴史や、過去の生原画約80点、特別なアニメ放送などが展示されるファン垂涎の内容となっている。9月24日まで開催され、入場料金は一般1300円。

最終更新:9/21(土) 22:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事