ここから本文です

釣り好きに絶大な人気! 釣りに行くのに本当に使えるクルマ5選

9/21(土) 6:30配信

くるまのニュース

走行性能と積載量のバランスに優れたモデルが人気

 定番といえるレジャーのひとつに「釣り」があります。釣りをする人は、竿やリールなど、たくさんの道具が必要なため、クルマで移動することが多いといいます。

車中泊もできる! 釣り好きがガチで選んだホントに使えるクルマをチェック(58枚)

 釣り好きが選ぶクルマの条件として、「目的地まで快適に移動できる」「十分な荷物を積載できる」「多少の悪路も安心して走りたい」「車中泊もできれば最高」「経済性(燃費)に優れている」などがあげられます。

 今回は、釣りマニア視点から、釣りに行くのに「ガチで使えるクルマ」を、実際のユーザーの声を交えて5台紹介します。

●ホンダ「シャトル」

 釣り好きの人は、いかにもヘビーデューティなクルマを選びそうなイメージがありますが、意外にも実用性の高さと経済性で選んでいるケースが多いようです。

 釣り具メーカーの広報担当者が「釣り好きなら間違いなく選択肢に入る」と高く評価したのが、ホンダ「シャトル」です。

 全長4440mm×全幅1695mm×全高1545mmと5ナンバーに収まるコンパクトなサイズながら、それでいて、通常でも570リットル、後席を倒せば1141リットルもの大きなラゲッジスペースで、たくさんの荷物が積めるのが大きな魅力です。

「扱いやすいサイズなのに、たくさんの道具や長尺の竿もらくらく飲み込んでくれます。低燃費なので、給油せずに長距離を走行できるのもありがたいです。安全運転支援システム『ホンダセンシング』搭載車なので、長距離移動でも疲れがかなり軽減されます」(釣り具メーカーの広報担当者)

 荷物の積載性のみならず、スタイリッシュなスタイリングや、タワー型駐車場にも入る低い全高は、街中で乗るときにも実用的です。

 燃費(WTLCモード・2WD)は、ハイブリッドモデルが25.2km/L、ガソリンエンジンが19.4km/Lという経済性に加え、税金などの安さもあって、維持費が捻出しやすいという点でも、釣り好きから根強い人気を誇っています。

●トヨタ「ハイエース」

 釣りの道具は竿などの長尺物やアイスボックスなどの大きな荷物が多く、釣りをする場所によっては車内泊をしたりと、居住空間やラゲッジスペースが広いクルマが釣り好きには人気です。

 なかでも、愛好者が多い人気車種がトヨタ「ハイエース」です。

 ハイエースは、1960年代の小型トラック「トヨエース」の小型版として、1967年に初代モデルが登場しました。ボンネット&フロントエンジンのミニバンが登場してもなお、その実用に特化したキャブオーバースタイルのワゴンとして、圧倒的な積載量を誇ります。

 全長4840mmのロング、5380mmのスーパーロングという2種類のボディを持つハイエースに搭載されるのは、直列4気筒の2.8リッターディーゼルと2.7リッターガソリンがラインナップされています。

 乗車人数は10名(ロングボディ)から最大14名乗車可能(2ナンバーのマイクロバス仕様)があり、広大な室内空間が特徴です。

 現行モデルは5代目で、2004年に登場と設計はかなり古いのですが、マイナーチェンジで機能や性能を向上させ、現在では衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」も搭載しています。

 また、ハイエースは、オフロードバイクやアウトドアの愛好者にも人気が高く、さらに、キャンピングカーやバニングと呼ばれるカスタムのベース車両としても根強く愛されています。

1/2ページ

最終更新:9/21(土) 13:37
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事