ここから本文です

王者N-BOXの1割以下しか売れてない!? 販売台数の乏しい軽自動車3選

9/21(土) 14:10配信

くるまのニュース

人気モデルの1/10の販売台数を記録した軽自動車たち

 近年、軽自動車の新車販売台数は全体の4割前後を維持していて、もっとも人気のあるジャンルになっています。一般社団法人 全国軽自動車協会連合会のデータによると、2019年上半期(1月から6月)に販売ランキング1位となったホンダ「N-BOX」は13万1233台を記録するヒットとなりました。

不人気にもほどがある!? 売れていない軽自動車を写真で見る(14枚)

 しかし、すべての軽自動車が人気となっている訳ではありません。そこで今回は、N-BOXの販売台数の1/10に届かなかった軽自動車3台をピックアップして紹介します。

●ダイハツ「ウェイク」

 ダイハツ「ウェイク」は、軽乗用車のなかでもとくに背の高いボディを持っていることが特徴で、全高は1835mmとなっています。室内高は1455mmと、子どもなら車内で立って着替えができるほどの広さがセールスポイントです。

 近年、軽自動車市場ではスーパーハイトワゴンと呼ばれるジャンルの背の高いクルマが人気で、流行を考えるとウェイクも人気モデルとなりそうですが、2019年上半期の販売台数は1万2726台と、1位のN-BOXの1/10にわずかに届きませんでした。

 同社のスーパーハイトワゴン「タント」は2019年7月のフルモデルチェンジ直前にも関わらず8万1828台を販売しており、それと比べてもウェイクは劣勢だといえます。

 劣勢となった要因のひとつとしては、タントのエントリーモデルである「L(スマートアシスト非装着車)」グレード(フルモデルチェンジ後の仕様)の価格は税込122万400円(消費税込、以下同様)に設定されている一方、ウェイクのエントリーモデルである「D」グレードは135万円となっており、割高感があることが考えられます。

 ウェイクは2014年11月の発売以降、まもなく販売から丸5年を迎えることから、何らかの改良がおこなわれるのか、注目されます。

●スズキ「エブリイワゴン」

 スズキ「エブリイワゴン」は、1BOXバンをベースとした軽ワゴンです。3代目となる現行モデルは2015年2月に発売され、2019年上半期の販売台数は8834台を記録しました。

 商用車ベースということもあり、エンジンの搭載位置は前席下で、リアタイヤを駆動するFRが採用されています。いまの軽乗用車の多くはFFレイアウトが採用されたクルマが多く、対照的だといえます。

 ボディは標準ルーフとハイルーフがあり、広い荷室が特徴となっているものの、商用車ベースでかつ発売から長い期間が経過したということもあり、軽自動車市場の売り上げにおいて主流とはなっていない状況です。

 なお、2019年6月には予防安全技術「スズキセーフティサポート」の機能充実を含む一部仕様変更がおこなわれました。

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 11:20
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事