ここから本文です

STIギャラリーがリニューアル!「STIの聖地」として世界中のファンが訪れる場を目指す

9/21(土) 12:10配信

くるまのニュース

インスタ映えスポットも登場! 生まれ変わったSTIギャラリーとは?

 スバルのモータースポーツ部門を統括するスバルテクニカインターナショナル(以下、STI)が東京都三鷹市に構える「STIギャラリー」がリニューアルし、2019年9月21日よりオープンします。

貴重な「インプレッサ22B-STiバージョン」も! STIの聖地がリニューアル(23枚)

 2009年にオープンしたSTIギャラリーでは、世界ラリー選手権をはじめとするモータースポーツ参戦車両や優勝トロフィーなどを展示し、スバルとSTIのモータースポーツの歴史を伝えてきました。

 2019年1月には一部エリアを改装し、ファンとのつながり・絆をテーマに、「Looking for ミニカー探してます」プロジェクトやメッセージを記入できる絆の柱、トロフィーを持っての記念撮影、レースカーへの乗車など、さまざまな体験ができるようになりました。

 さらに今回おこなわれた第2弾のリニューアルでは、STIにまつわる貴重な物品や書籍などの展示、イベントが実施可能なブースなどを新たに設置しています。

 リニューアルを記念とした企画展示の第1弾として、STIの初代社長である久世隆一郎氏を紹介するパネルなどを展示。また、STIに関する書籍を自由に読むことができるなど、ゆっくりとくつろげる空間も用意されました。

 また、インスタ映えスポットやSTIのロゴの変遷、久世氏の言葉やエピソードなどがデザインされたパネルなど、ここに来ないと知ることができないような展示がたくさんあり、STIファンにはたまらないスポットになっています。

 STIギャラリーは土曜日・日曜日も営業し、STIの歴史や商品に詳しいSTIアンバサダースタッフが来場者に対応。「STIの聖地」として、世界中のファンとスバル・STIをつなぐコミュニケーションの場となることを目指すとしています。

くるまのニュース編集部

最終更新:9/21(土) 12:30
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事