ここから本文です

クロップ、チェルシー戦に油断なし!「彼らに補強禁止の影響はない」

9/21(土) 0:00配信

超WORLDサッカー!

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、プレミアリーグ次節チェルシー戦に向けたコメントを残している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

22日にチェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジに乗り込むリバプール。ここまでリーグ戦では唯一の開幕5連勝で、2位のマンチェスター・シティとはすでに「5」の勝ち点差がある。

UEFAスーパーカップでの激突から今季2度目の対戦となるチェルシーは、補強禁止処分が下され今夏の新戦力は冬の間に獲得していたMFクリスチャン・プリシッチぐらい。それでもクロップ監督は、ここまでリーグ戦7ゴールのFWタミー・エイブラハムやMFメイソン・マウントを引き合いにし、油断は微塵もないことを強調した。

「チェルシーはプリシッチを獲得したね。5000万か6000万ポンドぐらいだったか? 周りの選手も彼と同じぐらい価値の高い選手ばかりだ。タミー・エイブラハムは6000万ポンドの価値があり、メイソン・マウントも匹敵するかそれ以上だ」

「(カラム・)ハドソン=オドイはすでにその域だね。ジョルジーニョもまだ若いし、(エンゴロ・)カンテなんてあと20年はあのままなんじゃないか? (マテオ・)コバチッチに(ロス・)バークリー、彼らもペドロやウィリアンのように経験豊富な選手だ」

「もし、補強禁止処分が効かないクラブがあるとすればそれはチェルシーだ。彼らはここ数年、ローンに力を入れてきた。質の高い選手が揃っているよ」

「エイブラハムはチェルシーでなかなか居場所がなかったが、ついにそれを見つけた。良いチームだよ。私は彼らをリスペクトしている。常に優勝候補だ。そんな彼らにこれから挑む。何か得るものがあるといいね」

超WORLDサッカー!

最終更新:9/21(土) 0:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事