ここから本文です

新天地サンパウロで中盤転向…ダニエウ・アウベスが理由明かす

9/21(土) 20:00配信

超WORLDサッカー!

サンパウロに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウベスが新天地での苦労を明かしている。スペイン『マルカ』が報じた。

キャリア19年間における総獲得タイトル数が40個を誇るダニエウ・アウベス。世界最高のサイドバックとして、バルセロナや、ユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)といったビッグクラブを渡り歩き、今夏にフリーでサンパウロに加入した。

そのサンパウロで背番号「10」を背負い、デビュー戦で決勝ゴールを挙げる鮮烈な活躍を披露したダニエウ・アウベスだが、プレーしたエリアは本来の右サイドバックではなく、トップ下。その後もいくつかの試合でトップ下として出場している。

ダニエウ・アウベスは、ブラジル『グローボ』のTVチャンネルでそうしたコンバートの理由について問われると、こう説明したという。

「ここでプレーするのはすごく難しくて、フィールドの状態が原因なのが多い」

「僕はコンビネーションの選手だ。ボールをコントロールしている場合や、プレーに関与しているときは、チームメイトをサポートしたい。そうすることで異なるダイナミックさをもたらせる。僕はそれに慣れていて、他のクラブでもそうプレーしていたからね」

「サイドバックとしてボールに関与できずに時間を費やすと、リズムが崩れてしまう。チームメイトがチャンスを作り出せるように、ゲームに影響を与えるプレーが必要だ」

「でも、チームメイトにも適応する必要があるね。20年間も務めてきたポジションでプレーしない代償を払う覚悟はできているよ」

超WORLDサッカー!

最終更新:9/21(土) 20:12
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事