ここから本文です

台風17号 沖縄で負傷者14人に拡大 約2万9170世帯で停電 大型店舗で臨時休業も

9/21(土) 15:16配信

沖縄タイムス

 気象庁によると大型で強い台風第17号は、21日午後1時には沖縄県の久米島の西北西約130キロを1時間に約20キロの速さで北北西へ進んでいる。沖縄本島地方は暴風域内にあり同日夕方まで暴風が続く恐れがあり、厳重に警戒するよう呼び掛けている。
 
 台風の影響で負傷者は14人となり被害は拡大。沖縄電力によると午後2時39分現在、沖縄本島で2万8560世帯、慶良間諸島で610世帯の合計2万9170世帯で停電している。最も多いのは南城市で4580世帯、那覇市4080世帯、西原3300世帯など。

強い雨と風が吹き付ける中、歩く観光客

 サンエー浦添西海岸パルコシティ、デパートリウボウ、沖縄アウトレットモールあしびなーは臨時休業を決めた。スーパーのサンエー、かねひで、ユニオン、りうぼうは一部休業の店舗もあるが、ほとんどの店舗で通常通り営業している。

 読谷村の「体験王国むら咲むら」で金~日曜日に開催中の「琉球夜祭2019」(主催・読谷ククルリゾート沖縄、共催・沖縄タイムス社)は21日の中止を決めた。最終日の22日は実施予定だが、当日の午前中に正式に決定する。問い合わせは同社、電話098(958)1111。

 台風の中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。渡嘉敷村で午前4時54分に47・7メートル、那覇で同3時55分に41・1メートルの最大瞬間風速を観測した。

最終更新:9/21(土) 16:10
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事