ここから本文です

フェラーリがアップデート版ノーズをテスト。「新パーツはうまく機能している」とベッテル:F1シンガポールGP

9/21(土) 15:56配信

オートスポーツweb

 2019年F1シンガポールGPの金曜、フェラーリのセバスチャン・ベッテルはフリー走行1=2番手/2=3番手だった。FP1では1分40秒426(ソフトタイヤ)、FP2では1分39秒591(ソフトタイヤ)を記録している。

【関連写真】2019年F1第15戦シンガポールGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

 今回フェラーリは新しいノーズなどいくつかのアップデートを持ち込み、ベッテルとチームメイトのシャルル・ルクレールのふたりでテストを行った。

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル フリー走行1=2番手/2=3番手
 このサーキットでのパフォーマンスレベルを探る上で参考になるのはハンガリーだと思うが、比較をするのは今日より明日の方が適していると思う。

 今日はあまりスムーズに進まなかった。マシンを改善する余地はまだあると思う。でもライバルたちははかなり速そうだ。僕らより速いのは間違いない。

 ソフトタイヤはそれほど使用していない。グリップの面でははるかに優れているが、あまり長くはもたないんだ。今日はそれほど悪くはなかったけどね。ミディアムタイヤはあまりよくなかった。明日はソフトタイヤに集中していく。レースでは例年どおり、1ストップで走り切れるようにタイヤをうまく管理するよう心がける。

 繰り返しになるが、僕らには改善する余地がある。マシンはまだ僕の思いどおりに動いてはいないし、バランスの面でラップタイムをもう少し見つけられることは分かっている。

 ここに投入してきた新しいパーツはすべてうまく機能しているようなので、明日どれだけトップに近づくことができるかを見ていくよ。



[オートスポーツweb ]

最終更新:9/21(土) 15:58
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事