ここから本文です

中日根尾、日ハム吉田輝、阪神近本…各球団のドラフト1位指名選手の現在地

9/21(土) 7:05配信

Full-Count

4球団競合の根尾・小園にも明暗、外れ1位の阪神近本は大活躍

 今年もすでに高校生、大学生合わせて134人(9月19日時点)がプロ野球志望届を提出し、10月17日に行われるドラフト会議に向けて注目が集まっている。昨年はスター選手に指名が集中し、競合したドラフト1位指名だったが、今季はどのような活躍を残したのだろうか。12球団のドラフト1位ルーキーらの現在地をたどる。

【画像】ファンうっとり「かっこ良すぎ」… ロッテ藤原&中日根尾、爽やかすぎる2ショット

【セ・リーグ】

広島:小園海斗内野手
 報徳学園高から広島に入団した小園は、DeNA、オリックス、ソフトバンクと4球団が競合した。今季は後半から1軍でプレーし、主に「8番・遊撃」で先発。55試合で4本塁打16打点、打率.213をマークしている。高卒ルーキーの4本塁打は1950年の紺田周三の3本を超え球団新記録だ。

中日:根尾昂内野手
 大阪桐蔭高から中日に入団した根尾は、小園と並ぶ2大人気で巨人、ヤクルト、日本ハムと4球団で競合。ここまで1軍昇格はなく、ウエスタン・リーグで105試合に出場し、2本31打点、打率.209。

DeNA:上茶谷大河投手
 東洋大から外れ1位指名でヤクルトと2球団競合となった上茶谷は、今季はここまで1軍で稼働。23試合に先発し、7勝6敗、防御率4.19。7月2日の阪神戦(横浜)までは順調に5勝を積み重ね新人王候補とみられていたが、そこから失速。前回14日のヤクルト戦(横浜)での登板では約1か月半ぶりに白星を手にした。

阪神:近本光司外野手
 藤原、辰己と外れ、“3度目の正直”で指名された近本は大当たりドラフトと言えるだろう。開幕から1試合を除いて出場し続け、1958年巨人長嶋茂雄のセ・リーグ新人最多安打記録を更新する154安打を放つなど9本塁打41打点、打率.274の活躍。5位に低迷する阪神の中で、明るいニュースを提供し続けた。

巨人:高橋優貴投手
 根尾、辰己と外れて指名された八戸学院大の高橋は、今季17試合に先発し5勝6敗、防御率3.08。開幕直後4月4日の阪神戦(東京ドーム)でデビューし、6回4安打5奪三振、1失点の快投でプロ初勝利を挙げた。しかし5月の初めまで3勝と軽快に積み上げてきた白星はその後は停滞。最後に勝利投手となったのは8月17日阪神戦(東京ドーム)。

ヤクルト:清水昇投手
 根尾、上茶谷と外れて指名した国学院大の清水もルーキーイヤーから1軍登板。6月から8月頭まで10試合を投げたが、0勝2敗、防御率5.79と振るわず。イースタンリーグでも16試合を投げて4勝9敗、防御率4.53となっている。

1/2ページ

最終更新:9/21(土) 9:52
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事