ここから本文です

ヤクルト館山、10度目の手術を決断 26日に右肘にメス「どうなっているか見てみたい」

9/21(土) 23:37配信

Full-Count

今月26日に予定、完治させて新たなトレーニング法構築へ

■中日 14-2 ヤクルト(21日・神宮)

 今季限りで現役引退するヤクルト館山昌平投手と畠山和洋内野手が21日、本拠地での中日戦で引退試合に臨んだ。先発した館山は大島を二ゴロに打ち取って降板。9度の手術を克服した38歳が魂の4球を投じて、17年のプロ野球人生に幕を下ろした。

【写真集】「ぱとろーるしようね」つば九郎からの惜別メッセに二人も困惑!? ヤクルト館山&畠山の引退会見で“つば九郎節”が炸裂

 引退セレモニーでファンに涙で別れを告げた右腕が、衝撃の事実を口にした。「26日に肘の手術をします。10度目ですね。自分の肘がどうなっているのか見てみたい。それが今後につながると思う。もちろん実費です」。

 これまでに右肩、肘、血行障害など手術を受けること計9度。選手生命の危機を幾度も乗り越えて通算85勝を挙げた右腕が現役を終えた直後に手術を受けるという。「投手のトレーニングはまだ未知数。自分でやってみたいことがある。そのためにも肘の可動域を治さないといけない」。

 自分の肘の状態を知り、しっかり治したうえで肘のトレーニングに取り組むという。それは自分のためではなく、今後の肘の治療やトレーニングに役立てるため。自分の経験を後輩に伝えていく。

片倉尚文 / Naofumi Katakura

最終更新:9/21(土) 23:37
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事