ここから本文です

バスケ全日本天皇杯・皇后杯 きょう21日から1次R 県勢は東レ愛媛と今治オレンジブロッサムが出場

9/21(土) 9:15配信

愛媛新聞ONLINE

 バスケットボールの第95回天皇杯・第86回皇后杯全日本選手権(愛媛新聞社など共催)の1次ラウンドが21~23日、徳島県のアミノバリューホールなどで開かれる。愛媛代表は男子が東レ愛媛、女子は今治オレンジブロッサムが出場し、11月30日と12月1日に愛媛県総合運動公園体育館などで行われる2次ラウンド進出を目指す。


【堅守持ち味 流れつかめ 東レ愛媛】
 守備でのリバウンドを重視し、ロースコアでの勝ち上がりを目指す東レ愛媛。対戦相手のB3佐賀バルーナーズは、長身の外国人選手を擁する。ゴール下での攻防が勝敗の鍵を握りそうだ。
 中心は202センチの長身センター周と、ジャンプ力が武器のフォワード重本。外国人選手とのマッチアップが予想されるが、粘り強くボールを保持して攻撃につなげたい。コート全面でしぶとい守備が光る西原も攻守の起点になりそうだ。
 攻撃面ではパススキルの高い東浦がゲームを組み立てる。内外から得点できるオールラウンダーの瀬戸、3点シュートが得意な石丸は得点力が高い。
 持ち味の堅守を生かした戦いで流れをつかめば勝機はある。松本コーチは「プロチームが相手だが、最後まで自分たちのバスケをやり通すことが大切だ」と語った。

◇…男 子…◇
【東レ愛媛】
位置  氏  名  年齢 身長
SG  東浦 元樹 20 173
 F  阿蘇谷亮太 24 175
 F  今井新ノ将 18 180
PF  重本 和毅 24 192
 C  周   率 28 202
 G  村上 勇海 23 164
 F  栗林 知輝 23 183
 F  藤岡 修也 19 182
 G ◎西原 一清 27 165
 F  瀬戸 将軍 26 186
 F  石丸 知真 23 185
 F  早瀬 陽介 20 176
監督  石田 貴久
コーチ 松本 佑介
(◎印は主将)


【外からのシュート期待 今治オレンジブロッサム】
 昨年は16強入りを果たした今治オレンジブロッサム。地域の期待を背負い、今年も2次ラウンドに進みたい。
 ディフェンスのシステムを増やすなど、5人の連係で守りきる練習に力を入れてきた。特にリバウンドを取り切ることを重視。高さが武器の宮武や、スピードのある展開をつくれる上田を中心に、全員でボールを取りにいく意識を徹底している。
 主将の川端が攻撃の司令塔。小出、浮穴、浜田ら外からシュートを狙える若手が多く、はまれば大量得点も期待できる。ただ、外からのシュートに頼り切らず、インサイドに切り込むプレーを心掛けたい。
 1次ラウンドは鹿児島代表の鹿屋体育大と対戦する。川端は「大学生が相手でも、体力や粘りの面で負けないようにしたい」と力を込めた。

◇…女 子…◇
【今治オレンジブロッサム】
位置  氏  名  年齢 身長
 G  山口 愛未 21 165
 F  浅井 美憂 25 171
 G  浜田 真子 24 163
PF  青木 宥佳 25 173
 C  岩原 未歩 25 173
SG  浮穴  萌 22 169
PG ◎川端実乃里 26 163
 C  上田穂の香 24 175
 F  金城 菜子 23 171
PF  小出 七海 22 171
PF  吉川 裕子 26 171
 C  宮武 麻理 26 182
監督  若宮  浩
コーチ 一色 貴史
(◎印は主将)

愛媛新聞社

最終更新:9/21(土) 9:15
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事