ここから本文です

スペインを「A」に格上げ、アウトルック「安定的」に変更-S&P

9/21(土) 8:27配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): S&Pグローバル・レーティングは20日、スペインの信用格付けを引き上げた。同国のバランスのとれた経済成長や財政の健全化継続見通しなどを理由に挙げた。

S&Pはリポートで、同国の長期ソブリン格付けを「A」と、従来の「A-」から引き上げたことを明らかにした。アウトルックは「ポジティブ(強含み)」から「安定的」に変更された。

「今回の引き上げは、長引く国内の政治的混迷とユーロ圏の減速にもかかわらず、スペイン経済が底堅いパフォーマンスを見せていることを反映した。バランスのとれた経済成長と財政面の改善傾向により、政府債務の対GDP(国内総生産)比は一段と安定的な低下傾向にある」と分析した。

S&Pは、スペインの2019年の成長率を2.2%と予想。ただその後、20-22年にかけては個人消費が軟調となるとともに、主要な貿易相手国の需要が鈍化することで、成長は減速すると予測した。スペイン中央銀行は24日に最新の予想を発表する予定。

原題:Spain Rating Raised by S&P Citing Growth, Fiscal Consolidation(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Jeannette Neumann, Hari Govind

最終更新:9/21(土) 8:27
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事