ここから本文です

勝敗を分けたソン・フンミンの“右肩”…レスター、マディソン逆転V弾でトッテナム撃破

9/21(土) 22:25配信

ゲキサカ

[9.21 プレミア第6節 レスター・シティ2-1トッテナム]

 プレミアリーグは21日、第6節を行った。4位トッテナムは敵地で6位レスター・シティと対戦し、1-2で敗れた。

 18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第1節オリンピアコス戦(2-2)から中2日で今節を迎えたトッテナムは、24日にコルチェスター(4部)とのカラバオカップ(リーグ杯)を控えているため、メンバーを大幅に変更。MFクリスティアン・エリクセンやMFルーカスがベンチスタート、MFデレ・アリとDFダビンソン・サンチェスはメンバーから外れ、GKウーゴ・ロリスも出産立会いにより欠場となった。

 前節、マンチェスター・ユナイテッドに敗れ、今季初黒星を喫したレスター。前半16分、MFジェームス・マディソンの左CKのクリアボールをPA右手前で受けたMFユーリ・ティーレマンスが低い弾道のシュートを放つ。GKパウロ・ガッサニーガが弾いたボールにFWアジョセ・ペレスが詰め、最後はMFウィルフレッド・エンディディが押し込む。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、ペレスのオフサイドと判定され、得点は認められなかった。

 すると、前半29分だった。MFエリク・ラメラのスルーパスからFWソン・フンミンがPA手前まで運んでヒールパスを送ると、FWハリー・ケインがDFチャグラル・ソユンチュのプレスを受けてバランスを崩しながらも右足でねじ込み、トッテナムが先制。データサイト『オプタ』によれば、ケインはレスター相手に12試合で13ゴールを挙げており、一番の“お得意様”だという。

 1点ビハインドで後半を迎えたレスターは、立ち上がりからゴールに迫ると、12分にバーディがスルーパスからPA左に進入して左足を振り抜いたが、DFヤン・フェルトンヘンのブロック、GKガッサニーガの好セーブに阻まれてしまう。13分、トッテナムはカウンターからPA左でMFハリー・ウィンクスのスルーパスを受けたソン・フンミンが左足シュート。しかし、わずかに枠を外れ、韓国代表ストライカーは頭を抱えた。

 トッテナムは後半19分、スルーパスに反応したソン・フンミンの仕掛けからこぼれたボールをケインが回収し、左サイドから中央に折り返す。これをPA右手前からDFセルジュ・オーリエが右足でゴール左に沈め、ゴールネットを揺らす。しかし、VARの介入により、ソン・フンミンの右肩がわずかに出ていたとしてオフサイドと判定された。

 事なきを得たレスターは後半24分、PA左からバーディが中央へ折り返し、MFハービー・バーンズが相手を引きつけ、ファーサイドに流れたボールをDFリカルド・ペレイラが右足ダイレクトシュート。これがDFダニー・ローズに当たりながらもゴールに吸い込まれ、1-1と同点に追いついた。

 トッテナムは後半34分、温存していたラメラを下げてエリクセンを投入。しかし、決勝点はレスターに生まれた。40分、MFハムザ・チャウドゥリーの横パスを受けたマディソンがペナルティーアーク手前から右足を一閃。低い弾道の鋭いシュートがゴール左隅に吸い込まれ、レスターが2-1で競り勝った。

最終更新:9/21(土) 22:25
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事