ここから本文です

足元よりも気持ちで勝負の1年生。桐蔭学園FW立石が先制ヘッド!

9/21(土) 23:57配信

ゲキサカ

[9.21 選手権神奈川県予選2回戦 桐蔭学園高 3-2 座間高 桐蔭学園G]

「足元ある人はもっといっぱいいるんですけれども、それよりも自分は気持ちで勝負」。桐蔭学園高のFW立石宗悟(1年)は“1年生らしくない”メンタリティー、ボールへの執着心を持っている選手だ。

「切り替えの部分や、球際の部分とか、ボールに対する執着心とか、足元からではなく身体から行くように意識しています」。この日、決めた先制点も身体で決めた一撃だった。前半8分、左サイドを縦に突いたMF新橋尚悟(3年)のマイナスのクロスに頭から飛び込んだ。

 常に心かけているのは貪欲なプレー、また1年生と思われないようなプレーだという。この場面でも日頃から意識していることが表現された。「選手権なんで、キレイな形じゃなくても、どんな形でも点を取って貢献することが良いと思ったので」。シャドーの位置から繰り返し抜け出しにチャレンジ。本人は得点後、役割を果たせなかったことを悔しがっていたが、それでも貴重な1点でチームに流れを呼び込むなど、勝利に貢献した。

 目指しているのは「苦しい状況の時に点を獲れる選手」。先輩の10番FW 白輪地敬大(3年)のような選手になることだ。「(白輪地は)ゴールに貪欲で前で引っ張ってくれているので自分も負けないようにしたい。選手権を目指して、出ていない人の分も頑張りたい」。桐蔭学園中時代から貪欲にゴールを目指す姿勢は変わらない。今夏から先発起用されているという1年生FWは、その責任感を持って戦い、結果を残す。

最終更新:9/21(土) 23:57
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事