ここから本文です

ホンダ ヴェゼル「ツーリング」の真価は1.5Lターボだけにあらず[詳細画像]

9/22(日) 8:00配信

レスポンス

2019年上半期のSUV販売でトップを飾り、国民的SUVの1台となったホンダ『ヴェゼル』。今回は、1月に追加された「走りのヴェゼル」、1.5リットルターボ搭載の「TOURING・Honda SENSING(ツーリング・ホンダセンシング)」を46枚の写真で紹介する。

[関連写真]


ヴェゼルツーリングが従来の「RS」グレードと大きく異なるのは、ひとつはエンジンだ。吸排気デュアルVTCを備えた直噴1.5リットルVTECターボエンジンが、トルク感のある加速を実現している。最高出力172ps、最大トルク220Nmと数値的には控えめに見えるかもしれないが、低速域、高速域を問わず気持ちいい加速力を味わえる。


もうひとつはボディ剛性の向上や、専用仕様のパフォーマンスダンパー、アジャイルハンドリングアシストの採用から生み出される、一体感のあるハンドリングだ。これらは従来グレードにはない、ツーリング専用となる。ウルトラスエード仕立てのシートや専用カラーのインテリア、静粛性を高めたキャビンと相まって、「1クラス上のSUV」のような質感を覚える。


エクステリアはツーリング専用に、ヘッドライトガーニッシュ(ブラック塗装)、フロントグリル(クロームメッキ)、フロントバンパーロアーグリル、エンブレムを装備。左右2本出しのエキパイフィニッシャーも走りの予感を高める。またグレー塗装の18インチアルミホイールもツーリングならでは。

写真で紹介するモデルのカラーは、上質感あふれる「スーパープラチナグレー・メタリック」(3万7800円)。

ヴェゼルツーリング・ホンダセンシングは、FFのみの設定で290万3040円。



《レスポンス 宮崎壮人》

最終更新:9/22(日) 8:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事