ここから本文です

M!LK、Zeppツアー東京公演で新たな時代を作っていく気概を感じさせる渾身のステージ

9/22(日) 3:45配信

エキサイトミュージック

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』や『小さな恋のうた』等、数々の映画やドラマに出演している佐野勇斗や、初主演映画『初恋ロスタイム』が公開されたばかりの板垣瑞生など、俳優としての個人活動も活発な7人組ボーカルダンスユニットM!LK。11月には結成5周年を迎える彼らが、全国4都市を回るZeppツアー『Summer Re;fresh”~かすかに、君だった。~』の東京公演を、9月21日にZepp Tokyoで開催した。

“M!LKハウスにご招待”をテーマにした本ツアーでは、レアな初期曲から未発表の最新曲まで新旧取り交ぜたセットリストに、ファンが聴きたかった名バラードも織り交ぜて、1部・2部の2回公演で集まった5400人のみ!るきーず(M!LKファンの名称)を歓喜の渦に。2部では初のファッションブックの発売も告知し、終演後には11月にリリースされる5周年アニバーサリーシングル「ERA」のMV撮影もファンと共に行って、大切な過去から輝かしい未来への道筋を創り上げてくれた。

モニターに映る一軒家の扉が開くと、白を基調に王子様然とした装いの7人が現れて、場内にはどよめきが。恋の切なさと熱が滲む最新シングル「かすかに、君だった。」で開幕したステージは、一転メンバー同士じゃれ合う「My Treasure」へと展開して、初っ端から彼らのコンセプトである“変幻自在”を体現する。

「東京盛り上がっていくぞ!」と曽野舜太が曲を締めくくって雪崩れ込んだ幻の配信曲「完全S・S・D!」では、夏へのトキメキに乗せて板垣がメンバーに担ぎ上げられたり、リーダーの吉田仁人が全力のソロダンスで華麗に魅せたり。突き抜けたテンションに、ペンライトを振るみ!るきーずたちの勢いも増すばかりだ。

「盛り上がっていけますか!?」とブチ切れた佐野のシャウトからの「テルネロファイター」で熱く盛り上がったあとは、5年の軌跡と成長を感じさせるメドレーへ。まずは黒のハットに白の燕尾服というレビュー感あふれる衣装で新曲「パッパラ・シュビドゥ・ヴァァァァァァァ」を公開し、ジャジーなサウンドと女性目線の艶っぽい歌詞が、これまでになく“夜”のムードを醸してみせる。かと思いきや、いきなり教室机が登場しての「反抗期アバンチュール」で上手くいかない学園生活を描き、ここ数年ライブ披露されてこなかった初期のポップチューンを畳みかけて少年感を全開に。懐かしのナンバーを最新のM!LKで“リフレッシュ”させたところで、再び「パッパラ・シュビドゥ・ヴァァァァァァァ」を投下して大人のムードたっぷりに締めくくるという、このふり幅こそM!LKである。

懐かしい曲が続いたところで、1部のMCではこれまでの思い出話に花が咲くことに。昨年、7人体制となって初のMV「Over The Storm」で、加入直後の自分に板垣が「好きにやればいい」とアドバイスしてくれたと山中柔太朗が告白すれば、曽野が「俺も言われた! 俺だけに言ってくれたと思ったのに!」と嘆くシーンも。2部では今後7人で歌いたい既存曲をそれぞれに挙げ、吉田は「いい曲たくさんありますね。また復活させていきたいですね」と呟いた。

1/3ページ

最終更新:9/22(日) 3:45
エキサイトミュージック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事