ここから本文です

29日に公開シンポ 復興政策など検証 福大で環境経済・政策学会

9/22(日) 8:10配信

福島民報

 全国の専門家でつくる環境経済・政策学会の公開シンポジウム「原子力災害からの復興政策の検証~被災地域の再生を考える~」は二十九日午後一時から、福島市の福島大で開かれる。

 実行委員会の主催。伊沢史朗双葉町長が「原発事故による被害からの復興状況と課題」、岡本全勝内閣官房参与福島復興再生総局事務局長が「原発被災からの復興-これまでとこれから」と題し基調講演する。

 福島大食農学類の小山良太教授らが登壇し、福島の復興に関するパネルディスカッションを行う。

 シンポジウム終了後に公開セッションを行い、学会会員らがエネルギー政策や日中韓の原発政策、安全規制制度などをテーマに研究報告する。

 参加無料。問い合わせは実行委員会 電話024(548)8423へ。

 福島大経済経営学類の沼田大輔准教授と藤原遥准教授は二十日、福島民報社を訪れ、多くの来場を呼び掛けた。

最終更新:9/22(日) 8:10
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事