ここから本文です

近鉄特急「しまかぜ」にコスプレイヤー 志摩スペイン村でコスプレイベント

9/22(日) 7:52配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 志摩スペイン村パルケエスパーニャ(志摩市磯部町、TEL 0599-57-3333)で9月21日~23日の3日間、「志摩スペイン村COSPLAY2019(志摩コス)」が開催されている。(伊勢志摩経済新聞)

【その他の画像】志摩スペイン村にコスプレイヤー

 アニメや漫画、ゲームなどのキャラクターの衣装とメイクで決めたコスプレイヤーが、同パークに集結。「ハロウィーンフィエスタ」開催中の同パーク内は、ハロウィーンの仮装をする一般客と派手なコスプレイヤーたちで賑わっている。

 主催は、世界コスプレサミット運営事務局で、オフィシャルスポンサーに同パークや近畿日本鉄道、近鉄グループホールディングス(以上大阪府大阪市)などが就いた。

 「世界コスプレサミット(WCS)」は、世界各地のコスプレイヤーが愛知県名古屋市に集結し、コスプレイヤー世界一を決める「ワールドコスプレチャンピオンシップ」や、コスプレパレードなどを企画を開催する。愛知県、名古屋市、外務省などの行政と共に実行委員会を作り、官民一体で地域を盛り上げている。今年7月27日~8月4日に開催した「世界コスプレサミット2019」ではのべ30万人を集めた。

 近鉄賢島駅に停車する人気の観光特急電車「しまかぜ」のシートに座ってポーズを決めるのは、同イベントのもう一つの企画「志摩コス2019コスプレトレイン」(21日限定)に参加したコスプレイヤーたち。スマホアプリ「FGO Fate/Grand Order(フェイトグランドオーダー)」のウイリアム・シェイクスピアやアニメ「文豪ストレイドッグス」の国木田独歩のキャラクターに扮(ふん)したコスプレイヤーたちはしまかぜのシートに包まれまれながら撮影を楽しんでいた。

 同イベントにコスプレイヤーとして参加するには、同パークの入園パスポートのほかにイベント参加費1日券=1,000 円が必要。また同パークでは一般客の投票などで選ぶ「ベストオブコスプレイヤー」を決定する。

 入園パスポート料金は、大人=5,300円、中人(中学・高校生)=4,300円、小人・シニア(60歳以上)=3,500円。14時以降からの入園者対象のアフタヌーンパスポートは、大人=2,300円、中人・小人・シニア=1,700円。9月の営業時間は、9時30分~17時、土曜日曜祝日は18時まで、21日・22日は20時まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9/22(日) 11:31
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事