ここから本文です

ティショットがギャラリーを直撃も…最後には拍手 「かなりの“殺人ボール”」にヒヤッ 【きのうのシブコ節】

9/22(日) 8:15配信

ゴルフ情報ALBA.Net

何気ない会話や質問に対する回答がウィットに富んでいて、会見を開けば日本のみならず海外記者をも爆笑させた“渋野節”。帰国してからも、毎日のように新たなシブコ語録を生み出している。「デサントレディース東海クラシック」でもその“切れ味”が衰えることはない。

やっぱりこの騒ぎ… フィーバーは冷めません【写真】

2日目には、渋野日向子が肝を冷やす場面があった。前半9番パー4で放ったティショットは左に逸れると、ロープ外で観戦していた男性ギャラリーに直撃。スタッフから「背中に当たった」という旨が伝えられた。

神妙な面持ちでセカンド地点に向かい、フェアウェイに戻すだけというショットを打ち終えると、すぐにキャディバックからボールを取り出し、その男性のもとに駆け寄った。「『大丈夫』と言ってもらえて、安心しました…」。ホッと胸をなでおろし、手に持っていたサインボールを渡して謝罪した。

その男性はとても嬉しそうな表情で、「頑張ってね」とエール。周りで見ていた人からは拍手が起こった。「かなりの“殺人ボール”を打ったのに、怒りもせず…本当に申し訳なかったです」。渋野は「サインボールなんて渡してもどうにもならないですけど」と話したが、手渡した時には『お~』と“うらやましそう”という風にも聞こえる歓声がコースに響いた。

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9/22(日) 8:15
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事