ここから本文です

岡山・久米南町に棚田見渡せるカフェ 「上籾棚田復元・お祝い米」使ったメニューも

9/22(日) 9:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 棚田を見渡せるカフェ「上籾棚田テラス籾庵(もみあん)」(岡山県久米南町)がオープンして1カ月が経った。オープンは8月3日。(岡山経済新聞)

上籾棚田テラス籾庵の玄米コーヒー

 パソナグループ(東京都千代田区)と上籾地域協議会が共同で行う「農村再生モデル」の一環として運営する同店。このほかに「上籾棚田復元事業」などを共同している。

 メニューは、「上籾棚田復元・お祝い米」を使ったおにぎりとみそ汁の「おにぎりセット」(750円)、「手づくり団子・玄米コーヒーセット」(550円)、ゆずスカッシュ、ゆずジュース、スギナと番茶ブレンド(以上300円)、りんごジュース(250円)を用意する。1日3組限定で、バーベキューができるプランもあり、ペット同伴にも対応する。

 人気メニューは、わた雪のようなフワフワ食感のアイスの上に久米南町で採れた季節の果物をトッピングした「上籾わた雪アイス」(600円)。夏はもも家(久米南町全間)のモモを、秋は月本果樹園(久米南町京尾)のシャインマスカットをトッピングするほか、イチゴは同地区で採れた物を使う。

 空間アーティストで、店長の光森えり幸さんが、内装を手掛けた。手作り団子・玄米コーヒーの付いた「アートセラピーセット」(1,000円)も提供する。窓から見える棚田やその上に広がる空、店舗内の植物など自分が気になったものを自由に描く。光森さんは「ありのままでいられる空間を目指している。外に広がる自然を身近に感じながら、自分を見つめる時間を作ってほしい。全ては自然の輪の中にあり、自分も自然の一部だと思えると気持ちが柔らかくなるのでは」と話す。

 営業時間は金曜=12時~16時、土曜・日曜=10時~16時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9/22(日) 9:00
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事