ここから本文です

明誠、強打で沼津東圧倒 秋季高校野球静岡県大会準々決勝

9/22(日) 7:24配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 藤枝明誠が強打で沼津東を圧倒した。三回に打者11人で長打4本を含む6安打と畳み掛けて7得点。試合の流れを決定付けた。

 三回、主将で4番の村松が高校通算21号の3点本塁打を放ち、打線に火を付けた。チームは1週間、沼津東の主戦森田の変化球対策に時間を割いてきた。初回の打席でスライダーを中前にはじき返して気を良くした村松は「自信を持って、次の打席に入れた」。

 光岡監督がキーマンに挙げる2人が機能し、打線がつながった。三回に出塁した中沢と、4点目の適時三塁打を放った斎藤。指揮官は「2人が打たないと村松へのマークが厳しくなる」と奮起を促してきた。中沢は「低い当たりで足を生かして塁に出ることを心掛けた」と、長短2安打2打点で手応えを得た。

静岡新聞社

最終更新:9/22(日) 7:24
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事