ここから本文です

【ホンダF1】レッドブル・ホンダは4番・6番グリッドからスタート/F1シンガポールGP

9/22(日) 20:37配信

TopNews

2019年F1第15戦シンガポールGP(マリーナベイ市街地サーキット)で予選を終え、ホンダF1が次のように振り返った。

●【予選ハイライト動画】レッドブル・ホンダは0.6秒届かず4番手 “過小評価”のフェラーリがポールポジション/F1シンガポールGP

■ホンダF1:予選レポート

シンガポールのマリーナベイ・ストリート・サーキットで行われた予選で、アストンマーティン・レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが4番手、アレクサンダー・アルボンは6番手となった。

レッドブル・トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーがQ2へ進出して13番手。スタートタイヤを選択できるマシンの中で上位につけた。

ダニール・クビアトは、FP3でマシンにオイル漏れが起き、パワーユニット交換を実施。過去に使用したPUを使用するため、ペナルティーを受けることはないが、これによってFP3での走行時間を失ったクビアトは、Q1でわずか0.015秒差の16番手となり、Q2進出を果たせなかった。

クビアト以外の3台は順当にQ2へ進出。ここではガスリーがトップ10に迫るタイムをマークするも、0.119秒差の13番手でノックアウト。しかし、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)がギアボックス交換のペナルティーを受けて降格するため、明日の決勝は12番グリッド(※)からスタートする。

レッドブル・レーシングの2台はQ3へ進み、1回目のアタックではフェルスタッペンがバルテリ・ボッタス(メルセデス)を上回り、4番手タイムをマーク。アルボンは初走行となるシンガポールでマシンバランスにやや苦しんだが、挽回を見せて6番手につけた。

※ダニエル・リカルド(ルノー)が予選失格になったため11番グリッドからスタート予定。

最終更新:9/22(日) 20:37
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事