ここから本文です

【F1シンガポールGP】リカルド、予選失格!

9/22(日) 20:38配信

TopNews

F1シンガポールGPの予選を8番手という力強い結果で終えたダニエル・リカルド(ルノー)だが、予選Q1でMGU-Kのパワーリミットを超えて使用していたことが判明し、予選結果は失格となった。

●【予選ハイライト動画】レッドブル・ホンダは0.6秒届かず4番手 “過小評価”のフェラーリがポールポジション/F1シンガポールGP

MGU-Kは、F1マシンのエネルギー回収システムの一部であり、ブレーキングで生成されたエネルギーを電力に変換し、それをドライブトレインに直接展開できるシステムだ。

チームは、電力を120kW(約160bhp)に限定されている。しかし、リカルド車のルノーPUはそのリミットを超えた判断され、予選失格とされてしまった。

チーム側は「超過分が計測不能なほどわずかだった」こと、そして「2番目に速いタイムを出した時に出力超過していた」ことを主張したが、失格という裁定が下った。

しかし、スチュワードはリカルドに最後尾からレース出場の許可を与えた。

最終更新:9/22(日) 22:59
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事