ここから本文です

食べ応え十分なタコライス ソウルキッチン(熊本市西区二本木)

9/22(日) 11:07配信

熊本日日新聞

 タコライスは、ご飯の上に炒めたひき肉やレタス、チーズなどを乗せた沖縄のソウルフードだ。熊本では珍しい専門店として4月にオープンした。

 国産の牛と豚のひき肉をブレンドし、数種類のスパイスで味付け。レタスは細切りにして、どっさり盛る。ひき肉からしみ出るうまみと、レタスのシャキシャキとした食感が相まり、男性でも食べ応え十分。オリジナルのサルサソースやハバネロソースをかけて、好みの味でも楽しめる。人気はドリンク付きのAセット(800円、税別)。

 沖縄で口にして感動したという佐々木信治店長が、各地を食べ歩いて研究を重ねた。店舗はかつてのパイ店を利用している。

 営業は月、火、木、金曜の午前11時~午後2時。持ち帰りもオーケー。TEL096(321)6436。(河北英之)

 ◇店長の佐々木信治さん(33) 食材の一つ一つにこだわり、飽きのこない味付けにしています。短時間で提供できるので、忙しい方にもおすすめです。タコライスになじみのない方も、ぜひ一度食べてみてください。

(2019年9月22日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

最終更新:9/22(日) 11:07
熊本日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事