ここから本文です

攻めて逆転V 渋野日向子ツアー自己ベスト「64」の18ホール詳細

9/22(日) 16:41配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇デサントレディース東海クラシック 最終日(22日)◇新南愛知CC美浜コース (愛知)◇6446yd(パー72)

【写真】プレー終えたばかりの渋野

8打差を追ってスタートした渋野日向子が8バーディ、ボギーなし、ツアーの自己ベストスコアを2打更新する「64」で通算13アンダーとし、8月「AIG全英女子オープン」以来の優勝を逆転で飾った。8打差の逆転を果たした18ホールの詳細は以下の通りだ。

・1番(376ydパー4)/パー
1Wでフェアウェイ。2打目をグリーン手前エッジに外す。ウェッジでピンにピタリと寄せて3オン1パット

・2番(371ydパー4)/パー
1Wでフェアウェイ。ピン手前4mにつけるが、カップ右を逸れて80cmオーバー。沈めて2オン2パット

・3番(490ydパー5)/パー
左ドッグレッグホール。1Wで左ラフに入れ、2打目を刻んでフェアウェイへ。3打目はグリーン手前ラフ。ウェッジでピン手前80cmに寄せて4オン1パット

・4番(188ydパー3)/バーディ  通算6アンダー
4UTでピン手前8mにオン。先にカリス・デイビッドソンがほぼ同じラインからバーディパットを打ち、直後に沈めて1オン1パット

・5番(493ydパー5)/バーディ  通算7アンダー
1Wでフェアウェイ。222ydから3Wで2オンを狙いグリーン奥のラフへ。約15ydからの3打目をウェッジで低いボールで転がし、ピンそば30cmにピタリと寄せる。3オン1パット

・6番(163ydパー3)/バーディ  通算8アンダー
7Iでピン手前2.5mにつけて沈める。「微妙に曲がるスネーク気味のライン。3連続バーディはなかなか無かったので、今日は頑張れそうだと思った」と、この日のポイントに挙げた。1オン1パット

・7番(391ydパー4)/パー
1Wで左ラフ。ピン左10mにつけて50cmショート。2オン2パット

・8番(335ydパー4)/パー
刻んでフェアウェイ。2打目はグリーン奥のラフに外し、ウェッジでピンそば30cmに寄せる。3オン1パット

・9番(406ydパー4)/バーディ  通算9アンダー首位に4打差で後半へ
1Wでフェアウェイ。119ydから9Iでピン左50cmに絡める。2オン1パット

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事