ここから本文です

文大統領が国連総会へ出発 トランプ氏と会談

9/22(日) 14:03配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、国連総会に出席するため米ニューヨークに向けソウル空港(軍用空港)を出発した。23日(米東部時間)にトランプ米大統領と首脳会談を行う。

 両首脳の会談は9回目で、6月にソウルで開催して以来、約3か月ぶりとなる。韓国青瓦台(大統領府)は今回の会談で膠着(こうちゃく)状態に陥った米朝の非核化交渉進展に弾みがつくと期待する。

 また、米国が維持を求めていた韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を韓国が決定したことを受け、韓米同盟への影響を懸念する声を払拭(ふっしょく)するとともに、在韓米軍の駐留経費負担交渉など、両国の懸案について議論するとみられる。

 文大統領は訪米中、ポーランドやデンマーク、オーストラリアともそれぞれ首脳会談を行う。

 国連総会では24日に一般討論演説を行い、朝鮮半島の平和プロセスの成果を説明し、国際社会の継続的な支持を呼びかける見通しだ。

最終更新:9/22(日) 14:06
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事