ここから本文です

志尊淳「僕なりにディテールを作り込んだ」と演技に自信

9/22(日) 17:53配信

東スポWeb

 俳優の志尊淳(24)が22日、都内で行われた映画「HiGH&LOW THE WORST」の舞台あいさつに登場した。

 映画は人気バトルアクションコミック「HiGH&LOW」と人気不良コミック「クローズ」「WORST」の豪華コラボ作品。この日のイベントは「男祭り」と銘打たれ、会場には数多くの男性客が詰めかけた。

 そんな中、始まった舞台あいさつは、志尊らキャストではなく「クローズ」シリーズに出演した応援宣伝プロデューサー、やべきょうすけ(45)が“完全ジャック”。出演者のあいさつもそこそこに自らの熱い気持ちを長々と披露し、横で見ているキャスト陣は苦笑いするしかない。

 ようやく、やべのマシンガントークの間隙を突いた志尊は、演技について「僕なりにディテールを作り込んだ作品。アクション中でも、一つひとつの動きに注意を払った」。撮影中は若手俳優陣で演出について激論を交わしたそうで「僕はその意見を偉い人のところに持っていって、こうやりたいんですけどダメですか?と聞く役だった」と明かした。

 なお、サプライズゲストとしてTKOの木本武宏と木下隆行も登場し、会場を盛り上げた。

最終更新:9/22(日) 17:55
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事