ここから本文です

【グラチャン】小谷直之が参戦、山田崇太郎とグラップリングルールで激突

9/22(日) 14:30配信

イーファイト

 10月20日(日)神奈川歯科大学体育館で開催される『GRACHAN 41×1MC横須賀大会』の全対戦カードが発表された。

【フォト】小谷が得意のスリーパーで締め上げる

 初代ZSTライト級王者・小谷直之(37 =ロデオスタイル)が参戦、グラップリング(打撃無し、組み技のみ)ルールで山田崇太郎(36=carpediemmita)と対戦することが決定した。小谷は2000年にRINGSでプロデビューし、ZSTではライト級王座を獲得するなど長年活躍。2度のUFC挑戦も経験しており、キャリア60戦を誇る37歳のベテラン戦士。

 対する山田は寝技での極めの強さとケトルベルで鍛え上げたパワーを武器に、主戦場とするZSTではZSTウェルター級を獲得。MMAだけでなく、グラップリングにも定評があり、グラップリングルールによる勝ち抜き戦で勝敗を争うイベント『QUINTET』では3人抜き、4つの一本勝ちでチームを優勝に導くなど、驚異の強さを持つ。ZST新旧王者対決を制すのはどちらか。

 また、小谷直之の兄、小谷ヒロキ(ゴールドジムヨコスカファイトクラブ)も参戦、元修斗環太平洋ライト級王者・遠藤雄介(総合格闘技道場心技舘)とグラップリングルールで対戦する。

最終更新:9/22(日) 14:30
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事