ここから本文です

仲宗根澄香 充実の今季ステップ2勝目「“いまが自分史上一番上手い”と日々感じていたい」【山陽新聞レディース】

9/22(日) 21:50配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<山陽新聞レディースカップ 最終日◇22日◇東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(岡山県)◇6445ヤード・パー72>

笑顔でピースサインをする仲宗根澄香<最終日フォトギャラリー>

ステップ・アップ・ツアー第15戦「山陽新聞レディースカップ」最終日。首位と1打差の4アンダー・2位タイからスタートした仲宗根澄香は強い雨風のなかで「71」でラウンド。トータル5アンダーで今季ステップ2勝目、通算4勝目を挙げた。

吉川桃、サイ・ペイイン(台湾)との最終組で、9時にティオフを迎えたものの、台風17号の影響による降雨と強風で、ティショットを打ったのち、すぐさま競技中断に。約2時間40分の中断後、11時45分に再開。最終組の3人ともスタートホールの1番でスコアを落とす展開となったが、「雨風がすごかったので、スコアを落としたことにとらわれず、前を向いてプレーしていました」と集中し、2番、3番で連続バーディ。その後は荒天にスコアを崩す選手が多いなか、4番から14番まではパーを積み重ねてじっと耐えると、15番パー5のバーディで単独首位に浮上。17番パー3でボギーとしたが、2位以下に2打差をつけて最終18番ホールを迎える。

3打目のバンカーショットがクリーンにヒットしすぎてグリーン奥へ。だが4打目の約10ヤードのアプローチをピンそば50cmに寄せる見事なプレーを見せ、パーフィニッシュ。「必死だったので優勝は意識していませんでした。いや…考えていたと思いますが、それよりも雨風がきつかったので、そこがものすごくいい集中力を保てた条件だった。最後のアプロ―チは緊張しました。でも最近は、同じ場所から打つ“ブロック練習”よりも、いろいろなライから1球ずつ集中して打つ“ランダム練習”を多くやってきた。自分の技を上手く引き出す意識を高めているので、もし失敗したら練習不足なだけですし、“お願い!寄って!”って気持ちなら絶対寄らない。“私ならできる”と信じて打ちました」と語るように、最後まで気が緩めず戦えたことが、競り合いを制することができた要因だ。

今季はQTランク159位からスタートしたが「昨年のサードQTに失敗して…でも今年は“あのとき失敗して良かったね”と言えるようにしたかった。自分の置かれている立場でやることをやるだけ。いろいろと考える機会になった」との気持ちを胸に戦い、「Skyレディース ABC杯」では2日目に『62』をマークし、トータルスコアも18アンダーまで伸ばして、ステップ記録ラッシュでの勝利。そして今大会で2016年以来のステップ年間2勝を達成。

「いままでの優勝は打数が開いている状況だったので、競り合いながら勝つことをしなきゃいけなかったと思いますし、そうなったときの自分を知ってみたかったので、きょうはすごく楽しみでした」と新たな成功体験を得たとともに、年間獲得賞金は約1385万となり、ステップ賞金ランク2位に浮上。来季レギュラーツアー前半戦出場権が付与される“年間ランク2位以内”を現実的に捉えられる位置にあがってきた。

「私はどうしても周りのことを気にしてしまう。同世代を意識したり、最近は“黄金世代の子は若いうちに活躍できていいな”って思ったり。羨ましさはあります。でも若返ることはできないですから(笑)上手くなりたい気持ちが大事で“いまが自分史上一番上手い”と言えるような日々を過ごしていきたい。今年はすごくそう思えていて、手ごたえを感じているんです」

参戦予定のステップ・アップ・ツアーは残り4試合。さらなる成長の先にレギュラーツアーへの道が待っている。

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9/22(日) 21:50
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事