ここから本文です

阪神 先発の望月が四回途中無失点で降板 走者背負い登板の能見が抑える

9/22(日) 19:36配信

デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(22日、甲子園球場)

 先発した阪神・望月惇志投手(22)が3回2/3を投げ、3安打無失点で降板した。

【写真】無念の涙、引退横田の分も

 初回、先頭の乙坂を内角低め144キロ直球で見逃し三振に斬る。続く梶谷には四球を許したもののソトを二ゴロ、ロペスを遊ゴロに打ちとり、上々の立ち上がりを見せた。

 二回、三回は安打で出塁を許しながらも、直球にスライダーやフォークなどの変化球を織り交ぜて、投球を展開し、ホームベースを踏ませることはなかった。

 四回もマウンドへ上がった望月。宮崎を遊ゴロ、戸柱を二ゴロに打ちとる。ただ、続く大和に右前打を浴び、出塁を許し、矢野監督が動いた。

 ここまで71球を投げていた右腕に代え、経験豊富な能見にスイッチ。CS争いに向け、執念の継投策に踏んだ。左腕は見事、起用に応え柴田を右飛に打ちとり、この回も無失点で切り抜けた。

 望月は「大事に行き過ぎてカウントを悪くしてしまい、球数が多くなってしまいました。こういった大切な試合で長いイニングを任せてもらえるように、もっとレベルアップをしなければならないと痛感しました」とコメントした。

最終更新:9/22(日) 20:07
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい