ここから本文です

阪神・ガルシア 移籍後初の中継ぎ登板 1回無失点

9/22(日) 19:49配信

デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(22日、甲子園球場)

 阪神のオネルキ・ガルシア投手(30)が19試合目にして今季初めての中継ぎとして登板し、1回1安打無失点に抑え込んだ。

 望月、能見の後を継いで五回から登板した左腕。先頭のバリオスを左飛に抑えると、続く乙坂も二ゴロに。梶谷にこそ、右越えの二塁打を打たれ、得点圏に走者を背負ったが、ソトを中飛に打ちとり、スコアボードに0を刻んだ。

 中継ぎで登板するのは阪神では初めてで、中日時代の18年、4月18日・阪神戦(ナゴヤドーム)以来となった。

最終更新:9/22(日) 19:59
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事