ここから本文です

DeNA・バリオス 代打鳥谷のV打「バットコントロールにやられた」

9/22(日) 22:33配信

デイリースポーツ

 「阪神3-0DeNA」(22日・甲子園)

 DeNAは勝てばCS進出が決まる一戦で完封負けを喫した。阪神の7投手を起用する小刻みな継投策の前に打線は沈黙したが、ラミレス監督は「あまりそこは関係ない。ただ打てなかっただけ」と厳しい表情を浮かべた。

 相手先発の望月は直球に威力があり、適度な荒れ球で各打者が差し込まれた。何度もチャンスを作ったが、ホームが遠かった。右手小指打撲の影響で筒香はこの日、出場選手登録を抹消。主砲不在の打線は決め手を欠いた。

 一方で先発したバリオスは粘りの投球で試合を作った。六回途中3失点に指揮官は「すごくよかったと思います。四回まではパーフェクトに近いピッチングをしていましたし、五回も点を取られましたけどそこまで悪くなかった。全体的にはすごくよくやってくれた」と評価した。

 バリオス自身は「勝利につながらなかったことは残念だが、ベストを尽くすことはできた」と一定の手応えを示した。ただ、五回1死一、二塁から鳥谷に先制の左前適時打を許した場面については「ツーシームでゴロを打たせたかったが、鳥谷のバットコントロールにやられた」と悔しがった。

最終更新:9/22(日) 22:37
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事